1人の大学生が巨大組体操の事故に思う事!

はじめに

headlines.yahoo.co.jp

今ネット上で巨大組み体操を行うかどうかの是非について、
様々な意見が言われていますね。
 
SNSなどを見ている限りでは、
多くの人が今すぐ組み体操を辞めるべきという意見を持っているようです。
 
僕の意見は「巨大組体操はやめるべき」であるということです。
巨大ピラミッドは大きいもので、高さ7メートルで10段ピラミッドです。
このピラミッドだと、1人あたりにかかる負荷が200キロほどだそうです。
 
そこでまず、なぜ組体操が行われるかというところから考えてみると、
小学生時代に危ない事だとはわかっているのだけれど、
みんなで力を合わせて一つの者を作り上げることを
体験してほしいという事ではないでしょうか。
 
僕は身体が大きかったので、上の方になることはありませんでしたが、
確かに足には石がめり込んで痛いと思う事は多々ありました。
でも、自分一人が楽をしてしまったら、上の人が崩れてしまうので絶対にダメだと思って頑張っていたと思います。ここまでは自分が体験して思っている事です。
 
今回の八尾市の件では前例として、去年も4人骨折しているのに
今年も同じ事を繰り返して1人が骨折で5人が軽い怪我をしています。
「成功時の喜びを子供達に味合わせたい」と校長先生は言っていますが、
怪我をしてまで10段ピラミッドを作って味合わせる必要はないのではと思います。
それなら5段ピラミッドを2つ作るなどした方が適切だと思います。
多くの子供が怪我をして、その後の学校生活が怪我で楽しめなくなる時間と費用がもったいないと思います。

最後に

もちろんリスクを負って何かをやるということは大切だと思うけれども、

その意思決定は個人がするものであって

学校側がすることではないのかなと思います。

ましてや、今回の場合は前例として怪我をしています。

やはり10段にこだわる必要はなかったのではないでしょうか。

 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ