僕は2日連続で自分が死ぬ夢を見た。(連載1日目)

昨日の夢

大学で同じだった大貴くんと僕と広一郎くん3人で逃走中をしているような夢だった。

夢の始まりはある島で、空から3人がいきなり落ちてそこに到着した。その後ミッションスタートという合図がかかった。

この合図は何の合図なのかと思ったが、そのうち拳銃を持った殺し屋みたいな人たちが追っかけてきて、これはやばいと思ってとっさに逃げた。

しかし、みんな様々な方向に逃げてしまって単独行動になってしまった。

森の中を駆け回りながら必死に必死に逃げた。

そこにいたチョウチョウやフラメンコやリスはとても美しかった。

美しい景色で外は晴れやかな雰囲気で溢れているが、僕の心の中は真っ暗。

いつ発見されて銃で撃たれるかはわからない。そんな不安な気持ちのまま

走っていた。

すると後ろから殺し屋の姿が見えた。これはやばいと思った。

目の前に人が2人くらい入れる穴があった。

そこにとっさに入り込んだ。すると後ろから、声がする。

大貴の声だ。「たっけこっち」

普段はそんなに大きい声が出ないのに、このときばかりはとても大きい声だった。

それにもびっくり。笑

そして、後ろに隠れた。

僕は何でこんな目にあっているのか分からない。

大貴に対して、なんでこんな目に俺たち合ってるの?

そしたら、大貴もわかんねえって。

そりゃそうだよね。いきなり島に空から舞い降りたらこの状況なんだもん。

あーこれからどうしよう。って悩んでいたら

その時、殺し屋が穴の前にいた。

「お前らがここに隠れたのはもう分かっている。」

「えっなんで?」って思ったが、かなり危険な状況なのは間違いない。

目の前には殺し屋がいる。

銃口をこちらに向けている。

僕の顔には赤いセンサーが。

「あっ僕は終わりだって思った」

死ぬ間際になるといつも感じる事がある。

「死んだ後はどんな世界が待っているんだろうか?死んだら生きてきた全ての事を忘れてしまうのだろうか?今まで大切に育ててくれた家族の事も?楽しかった思い出も?悲しかった思い出も?本当に全てなくなってしまうのだろうか?」

そんなことを感じながら、殺し屋の銃は引き金をひいて僕へと放たれた。

「あっ」っと思って下を向けば、僕の胸から大量の血が足れている。

そして力がふっと抜けた。ばたっと倒れた。

大貴がかけつけてくれた。俺の体を「大丈夫か?大丈夫か?」と涙を浮かべながら声をかけてくれた。
そして最後になぜか「ありがとう」って聞こえた。

 

そのまま目を閉じて僕は死んだ。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ