2018年も365日ブログ更新!今年もありがとうございました。

31日の23時から書きはじめているので、短めにまとめさせていただきます。2018年も毎日このブログでは記事を書きました。途中でこのブログがTwitterで共有できなくなってしまい、書くモチベーションが下がりました。その時、僕は「あ、みんなに自分の考えていることを共有したいんだ」と感じました。

幻冬舎で働きだしたことが一番の変化

あたらしい経済を立ち上げるために、幻冬舎へ入社しました。

ブロックチェーン・暗号通貨業界に最大限貢献したいという強い思いがあったから、幻冬舎であたらしい経済というメディアを立ち上げました。働きだして何を感じているかというと、「誰と働けるか」をわかった上で働くのは非常に重要だということだ。働く環境の中で最大の変数となるのは、福利厚生でもなく、「人」に違いない。その点、ものすごく恵まれた。設楽さんと働くのは非常に刺激的だ。どこまでもストイックに仕事をやりきる。そのスタンスは自分には足りていなかった。コツコツとやり続けるが、どこまでも深くやり切る力が少なかったと感じた。それは「編集」という言葉をとっても一つある。今年1年で、編集とは何か?をまず学んだ。あ、僕は編集なんて何もできていなかったのだなと強く感じた。
そして、環境に伴い、視点が一気にグローバルになった。英語ができなければ通用しない。それは痛感されました。いや、2018年はもっと視座が上がった1年だった。
自分が仕事を通して、人生を通して何をしていきたいか?わかった。そして、人にも恵まれた。世界の超一流、日本の一流と出会い仲良くなれた1年だった。
なぜ今、自分がブロックチェーン業界にいるのか?その答えは明確だ。答えが正しいかどうかは2年後にはわかるだろう。それまで楽しみだ。
いずれにせよ、業界も自分も2019年は死ぬほど勝負に出なければならない。何も恥ずかしいことはない、大きく踏み出して人間らしく頑張ろう。

もっと人間は、動物的に生きていいと思う。理性なんてテクノロジーに任せればいい。人に迷惑さえかけなければ好き放題やればいい。そういうスタンスで2019年はもっと最高の1年にしていくぜ。よろしくな、みんな。
最後まで読んでくれてありがとう。あと、2018年12月31日からYoutubeはじめたので、チャンネル登録よろしくお願いします。

数にこだわる2019年にしますので、よろしくね。