多彩な複業家、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師「石山アンジュ」【HARES】

どうも、たっけ(@takeee814)です。
正直、話が素晴らしすぎてまとめきれません。
だからこそ、直接石山さんに連絡をとるべきです。
スピード感を持って記事にするには、質が高すぎるお話です。
 
スポンサーリンク

石山アンジュさんプロフィール

 
クラウドワークスWowMe
Official Sharing-economy ambassador in Japan. 内閣官房シェアリングエコノミー伝道師。シェアガールでメディア連載/Qreators所属。2社の上場企業社員/個人で副業/社会活動を行う新しい働き方/ミレニアル世代パラレルキャリア
 
 

いつシェアリングエコノミーに出会ったのか??

個人主体の社会を作る→暮らしの価値観を変える必要がある。
リクルートでは、3年目でめちゃくちゃ楽しい時期だった。大企業の採用をお手伝いしていたが、
それは、「個が主体の社会」を作りたいという想いを学生時代から変わり続けずにいただき続けていた。
石山アンジュさんは目の前のことをこなし続け、問題を見つけ解決していく人。
それは、メモの取り方でも感じました。
イベントで参加している人のメモを机との位置関係で、メモをしていました,,,
そこまで現状把握する力、まだ僕はないです。
現状を把握して、今問題あるところでもっとも課題解決に結びつくものがシェアリングエコノミーだと石山さんが感じたのですから、まちがいないでしょう。
本当に応援したくなる人です。

社会に何か還元するためには、政府と民間の結びつきが大事

こちらが、最も僕自身関心が湧いたところです。
石山アンジュさんがめちゃくちゃかっこいいと思えたところはPRでは、社会を変えられないと見越したというところ。これは死ぬほど共感しました。
社会性のあることを伝えるためには、レイヤーが高い人たちだけに届けても変わらない。
たとえ僕が、ブログを書いたとしても本当に届けたい人には届かない。
すべての人がインターネットを使っているわけではない。
たとえば、以下の記事3つなどはそう。

クリスマスの糸魚川市にみた光
ホームレスは隅田川花火大会をどう見るか?
『突撃インタビュー』トイレ掃除の人って何を考えて仕事してるの?

いやー本当に久々にふるえるお話でした。
政府とのリレーションの取り方なども、教えていただき。
自分の人生を考える上で、政府というものは意識していきたいと心動かされました。
改めまして、石山アンジュさんありがとうございます。

スポンサーリンク