簡単に手に入るものは、簡単になくなる

どうも、たっけ(@takeee814)です。

インターネットの流れが早いからこそ、ずーっと考えていることがあります。

その中でわかってきたものは、インターネットが発達したからといって何も便利になっちゃいないということです。

確かに人に伝える速さは速くなりました。けれども、その分深さは減ってしまった気がしています。

俺が大事にしたいのは「深さ」だった。

どこまで深く伝えられるか。深さの後に速さでいい。

速く伝えたものは、速く消費されてしまう。ワンクリックのために何時間もかけてコンテンツ作り続けることにロマンも感じますが、それと同時に虚しさも感じてしまう。

伝えたいことは、タイトルの通りです。

稲妻のごとく、言葉はさっ消えてしまうものかもしれませんね。

 

スポンサーリンク