やさしい経済圏を取り戻したい

どうも、たっけ(@takeee814)です。
昨日、楽しみにしていた糸井さん佐々木さんのイベントに参加してきました。

イベントを通して頭の中で考えた事を書きました。

24時間ずっと仕事していてもいいじゃないか

 
佐々木さん、糸井さんが仕事はほとんど遊んでいる感覚なんですよと。
 
これにはまさしく同意です。
多くの人が仕事は「しなければいけないこと」になってしまっているのじゃないだろうか。それを改善するためにとても重要なのが、「なぜこの仕事をしているんだろうか?」と常に考え続ける事だと思っています。
僕の場合であれば、幻冬舎で「なぜあたらしい経済」というプロジェクトの立ち上げをしたかったのか?というところです。
その理由は明確です。
それは、次なる経済圏がどのような形で作られるかを最先端で学びたいし、その情報や人間関係をしっかりと作っていきたいからです。
なぜあなたはその会社で働いていて、そのプロジェクトに携わっているのか?自分が腑に落ちるまで考える必要があると思っています。
 

加点主義であれ

 
特に日本では、「どう評価されたらいいんだろう?」と考えがちです。それはどういうことかというと、人の期待からマイナスになりたくないということなのです。それだと自分の素直な表現ができません。
加点主義のマインドが重要だと思います。
それはどういうことかというと、「こうやって評価されよう」と自分で評価基準をぶつける事だと思います。
このアイデアをあの人にぶつけたらこうやって評価されるんだろうなと自ら評価を楽しんだらいいんです。
そもそも、自分が1つ行動したんだからそれに対してまず自分を褒めてあげたらいいんですよ。
どんどん自分を褒めると、自分を褒める基準が上がって、より大きな事をできないと褒めない自分が生まれるとおもうのです。
それが成長なんじゃないかな。
 

小さな経済圏に必要なもの

小さな経済圏に何が必要なのか?コミュニティーには何が必要なのか?ってずっと考えていますが、このイベントを通じて1つわかりました。
自分の言葉で発言できるか」これは確実に必要な要素です。
ずっとかっこつけなくていいし、自分らしく生きれたらいいのです。かっこつけすぎてると疲れちゃうじゃないですか。かっこつけてんだけど、今日は疲れたわとか酒のみてえとか言える場所が小さな経済圏には必要だわ。これわかったのでかいなーと感じてます。
というか、やさしい経済圏ですね。 

最後に

ここには書ききれないくらいたくさんのことを学びました。本当いあたたかいイベントでした。これこそ、自分が求めているやさしい経済圏なのかなーと。まだまだ勉強していかないと。

このイベント関連で、「なるほどー」と学ばせてもらったものを引用させていただきます。
 
 

糸井重里さんのインターネット的はぜひ読んでください。

インターネット的 (PHP文庫)
糸井 重里
PHP研究所 (2014-11-06)
売り上げランキング: 47,535