心と体を休めるための5つの習慣

どうも、たっけ(@takeee814)です。

体が資本とわかっちゃいるけど、なかなか体を大切にできない。そんな毎日が続くといつのまにか、心まで疲れてしまうことがあると思います。
心と体は不思議なことに、自分が知らないうちに疲弊していたりするものです。
「しんどい」「疲れた」と思った時は、ちゃんと休むべきだと思います。
ただ疲れないようにするためにも、普段からある程度体を健康的な状態にしておくべきでしょう。
僕が大切にしていることを書きたいと思います。

1,彼女と過ごす

週に1度,2度は彼女と会うようにしています。やっぱり好きな人に会うと、単純に心がリフレッシュされます。やっぱり会えたら嬉しいじゃないですか。何気ない話をお互い聞き合ったりする時間はとても重要。
自分のとてもくだらない話を聞いてくれる人ってなかなかいないですもの。

2,プールで泳ぐ

週に3日くらいは30分くらいプールで泳ぐようにしています。
まだまだ若いとかにていますが、運動しなければ体は衰えていきます。太りやすい体質だと思うので、運動しなければすぐに太っちゃうのも嫌ですし。
泳いでいる時間は無心な状態でいられるのでとてもいいです。意外と無の状態でい続けるの難しいですよ。

3,温泉とサウナ

こちらも無の状態つながりなのですが、おすすめです。週に1度は温泉には行きます。お湯に浸からないと疲れは取れないし、スマホがいじれない環境だから好きなのです。
以前のブログでも言及しているのですが、サウナを好きな理由としてスマホをいじれないとあげました。
これがが結構共感してもらえています。笑

参考記事:いま、サウナにハマる3つの理由。

4,毎日ブログを書く

人生のリズムを整えるために必要なのが、ブログを書くことなのです。ブログは自分の中で社会の接点だと考えています。みなさんにはブログを書くことを真似しろとは言いません。ただ、1日1つでも自分の決めたことをやりきるということをしてみてください。自分との約束を1日1つ守るということがどれだけ精神を安定してくれることか。

5,友達と飲む,話す

気の知れた仲間たちと話すのはやっぱめっちゃ大事だなあ。素直に話すと、めんどくさがられるかも….???そんなこと思ってませんか?友達だったらそんなこと受け入れてくれますよ。受け入れてくれないのは、友達として失格だと思います。
僕も強がりで、弱い自分を見せるの苦手だったんですけど、もうそんなカッコつける必要ないですね。かっこつけてもすぐに見破られてしまうし。ありのままで生きる、過ごすことがとても大事なんだと気付きました。

最後に

人それぞれリフレッシュのやり方は異なると思います。自分に適したやり方で最善の方法を見つけてもらえたらと思います。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

ぜひ7つの習慣も読んでみてください。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復
スティーブン・R・コヴィー
キングベアー出版
売り上げランキング: 393