【連続テレビ小説/ひよっこ/4話感想】東京に出て再認識する田舎の魅力、そしてみね子は…

f:id:Taketake:20170406105529j:plain

 

どうも、たっけ(@takeee814)です。

 

4話では個人的に肝となったのが、すずふり亭での食事のシーン、最後の土を触るシーン。

 

すずふり亭での食事のシーン構成が見事だった。

茨城弁で東京の料理(新たに出てきた洋食)をスタッフとの会話をしながら、感動が作り上げられていって、僕たちも美味しいんだなと思わされる。

さらに、それと並行して厨房で料理が作られるまでの映像を並行していれる(モンタージュ)を利用していて、作り手の想いと、食べるまでの流れが目に見えて「美味しい」がしっかりと構築されている。

 

土を触るシーンは、お父さんは東京を知ったから(お金を稼ぐための労働しかしていない)からこそ、人情や自然には触れていない。これは昼食時の会話から推測される。

だからこそ、茨城の土がとても恋しかった。

それを、お父さんだけが匂うのではなく、子供達も匂うことで、よりいっそう土に対する想いの違いをはっきりとさせることができた。

 

 

 

now.takke.tokyo

now.takke.tokyo

now.takke.tokyo

 

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です