【連続テレビ小説/ひよっこ/6話感想】稲刈り体験への捉え方の違い。

 

f:id:Taketake:20170409151526j:plain

 

どうも、たっけ(@takeee814)です。

ひよっこの第6話感想です。

 

 

ここまで稲刈りに対して、1話分かけて作り込んだドラマなかったでしょう。

終盤のみね子のナレーションには泣きそうになった。

稲刈りが、家族、その周りの親戚、友達を寄せ集めて、極上の体験をさせてくれている。稲刈りに対しての、ものの見方が大きく変わりました。

次週からはハッピーなお話ではなくなっていくのでしょう。

また楽しみです。

 

ひよっこ、1話から5話までの感想

 

now.takke.tokyo

 

 

now.takke.tokyo

now.takke.tokyo

 

 

now.takke.tokyo

now.takke.tokyo

 

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です