自分にしかコミュニティは作れない

「自分の居場所はどこだろう?」ぼくは、そんなことをグルグルと考えるようになっていた。ぼくの心の中では「コミュニティ」という言葉が、今年の流行語大賞だ。
インターネット業界、暗号通貨業界どちらにいても、コミュニティと言う言葉を聞かなかった日はなかった。
参考にまでに以下のURLをシェアする。
有益な情報はクローズドになっていく!あなたが入るべき「コミュニティ」31選 – 助っ人 – 起業、独立、開業を応援するポータルサイト

コミュニティの本質

たまにコミュニティーにたくさん入っていることを自慢してきて、僕のことを下に見る様な人に出会うが、その人はコミュニティの本質を理解できていない。コミュニティに入って人に優しくできなくなっているのなら本末転倒である。
なぜ、コミュニティが必要なのか?と考えると、人間は孤独な状態で生きていけないからである。しかしかながら、コミュニティを何かの飾りのように考えその飾りをつけていない僕をバカにしてくるなんて見当違い甚だしいことだ。

そこに愛があるのか?

コミュニティのメンバー同士が、そろばん上での損得勘定がなければ良いコミュニティでないか?と思う。やはりそれは、「家族、彼女、彼氏、友達」だ。この4つが最高のコミュニティーだろう。お金も愛の力には勝てない。
こんなこと言うと、ちょっと宗教じみてしまったのではないか?と思われるかもしれないが「愛の力」は相当にやばい。いや、愛さえあればすべて解決できるのかもしれない。
人間に必要なものは愛以外ないのかもしれない。

最後に

自分が心から愛せる人その人と最高のコミュニティを作ってほしい。自分で作らなきゃやっぱり楽しくない。あなたらしいコミュニティ、あなたらしい人生。そうやって前に前に向いて、歩いて行こう。立ち止まってたってダメだ。
自分に言い聞かせて、これからも頑張っていこうと思う。最後まで読んでくれてありがとうございます。