「後悔」ではなく「今ある幸せ」を大きく

どうも、たっけ(@takeee814)です。
後悔することなんて、本当に意味ないなと感じたので、共有します。
それは、Netflixで「理想の男になる方法」を観て感じました。

理想の男になる方法のあらすじ

不思議なフォトブースを使って過去に戻り、エイヴリーと出会った夜を何度もやり直すノア。目的はただ一つ。別の男に取られる前に、彼女の心をつかむこと! 

今ある幸せをさらに

この作品を見て、感じたことは過去を悔やんでも本当に仕方がないということです。それならば、今ある幸せを、最大限の幸せに近づける努力をしたほうがいいということ。

たとえば、婚活している人で例えるならば、恋人候補を次々と探すのではなく、1人少しでもいいなと思った人をより深く知る努力を続けることでしょう。

実際に婚活している人での、失敗例として「次にいい人、次にいい人」とパートナー候補を広げすぎて畳むことができなくなってしまっている人が多いようです。

Pairsを使って、結婚している人の数もとても増えているようですしね。Pairsで結婚した人の話を聞くと、会うのは3人までに決めて比較するそうです。

恋愛だけではありませんが、今ある幸せに目を向けそれを「どう大きくするか?」を見つめる癖をつけてはいかがでしょうか?

ぜひ、「理想の男になる方法」を観て欲しいです。