【EURO2016】イタリアVSスペイン勝敗を分けた指揮官の熱意

 

 

f:id:Taketake:20160629170042p:plain

 

どうも、WOWOWでEUROを見るのが楽しみで仕方がないたっけ(@takeee814)です。いよいよベスト8が出揃いました。それにしても、この前のイタリアVSスペインは非常に面白い試合でしたね。

僕はこの試合を見て、指揮官は冷静沈着である必要はなく、感情の赴くままに思いを表現することが大事だと思いました。ここがスペインとイタリアの勝敗を大きく分けたのではないかと分析しております。イタリア指揮官コンテが感情を赴くままに表現したイタリアはどう試合に臨み、戦ったかをアウトプットします。

 

コンテの熱意がわかるシーンです。

試合中ずっと、サイドに立ちながら選手たちに指示をしていました。

 

試合前の国家斉唱で勝負あり

 

 

まさにスペインとは一体感が違った。これは指揮官の熱意が選手全体に伝わり、選手全体が最大限の勝利へのこだわりを持っている証だ。

 

イタリアFWのしつこいプレス

試合を見ていて感じたのが、ジャッケリーニとペッレの激しすぎるプレス。この前線からのプレスがあったからこそ、スペインはほとんどたちうちできなかった。特にペッレのプレスはスペインの要であるブスケツに大ダメージを与えていた。それは数字にも出ていて、ブスケツのボールタッチ数が異常なまでにも少なかった。

 

ペッレには非常に注目したい(男前だし)

https://i0.wp.com/tada37.com/wp-content/uploads/2015/10/ANP-21044922.jpg?w=728

現サウサンプトンに所属(吉田麻也選手も所属)している、身長194cmのFW。現在30歳。

ペッレは遅咲きのFWで、今回がEURO初出場。スペイン戦同様、予選リーグのベルギー戦でも、試合終了間際にダメ押しのゴールを決めていて、執着心と粘り強さがコンテの信頼を買っていると思う。非常に注目していきたい選手だ。

 

次は最強ドイツ戦

次の試合は、7月2日にW杯王者のドイツと戦うことになる。イタリアとして、ネックになるのが中盤の守備的要である、デ・ロッシ(怪我)とチアゴ・モッタは次節出場停止になっていることだ。コンテの熱血さとレーブの冷静な戦術はどちらに軍配があがるだろうか。

 

熱意の表現は選手の行動の源

試合前の選手たちの行動、試合中の行動からコンテの熱意が異常なまでに選手たちに伝わっていることが容易にわかるだろう。今までのイタリア(カテナチオ)だけではない堅守速攻(バルセロナ+アトレティコマドリード)が加わったイタリアが非常に楽しみである。

 

ベスト8進出している国

 

f:id:Taketake:20160629173308j:plain

 

最高に白熱する組み合わせばかりで、非常に楽しみ。

これらの試合を生で見れるのは、WOWOW

 

ご加入について|WOWOWオンライン

 

おすすめ関連記事

 

taketake.hateblo.jp

taketake.hateblo.jp

taketake.hateblo.jp

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ