「地元に帰省して感じる昔との大きな違い」と「2018年の挨拶」

どうも、たっけ(@takeee814)です。
 
12月28日から1月3日の午前までひさびさに兵庫県に帰っております。
 
中高の同窓会などもあって、あー地元に帰って来たなーと感じています。
中学高校時代なんかよりもっと今の方が自分らしく生きているなーと感じてもいます。
変な校則。たとえば、髪の毛は目にかからない程度や帰りにコンビニなどに寄ってはダメなども今となってはなんか可愛いなあーなんて思ってしまいます。
でもそんな校則に、俺は自分らしさを押さえ込まれていたのかななんて感じたりもします。
そして、クラスとか部活とかあったから集団で生活するのは当たり前。集団生活は好きなんだけど、嫌い。
中途半端な人間関係を作ることができないから、人のことを気にしすぎるととことん自分が納得するまで気にしてしまうから疲れてしまったりするんですよね。
そんなこんなで、今はとても楽しく生きているのだけれどもいろいろあったなーと感じています。
同級生たちも、「中高の時よりも個性増してるわー」なんて言うくらいですから。
 
それと話は変わって祖父母のこと。
僕は幸せなことに、祖父母が4人とも健在なのですが、いつ亡くなるかわからない。祖父母たちに顔をしっかりと見せに行くというのも孫の役割だと感じています。
少しは元気な姿を見せられたかな?お互いカッコつけてしまって牽制しあってる雰囲気もあったけれど、何かに夢中に生きている雰囲気は伝えられたかなと思います。
あえて、みんなが見ている前でDMM英会話をしたりしたので。笑
英語力はあがってるやろ?じいちゃんばあちゃん。
 
 
何はともあれ2018年は始まりました。今年も自分らしくストイックに生きます。そして、結果を示し続けます。日本を社会をより良い形にしてアップデートできるように、オレ一人じゃ力不足だと思うが、とりあえず頑張ります。
自分のために頑張ることから、少しだけ毛が生えて社会のために頑張る。
そんな1年にしていきます。
 
今年もよろしくおねがいします。
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ