「仮想通貨とビットコイン」の理解を促すおすすめ本。

どうも、たっけ(@takeee814)です。
今回はみなさんに、仮想通貨とビットコインをしっかりと理解してもらうために必要な「流れと本」を消化したいと思います。
ただ、単にビットコインを主軸とした仮想通貨の銘柄を覚えたところでしょうがないことを伝えたいです。
お金というのは、お金だけで存在することはできません。社会との連携とともに使われるものです。だからこそ、仮想通貨を学ぶ上で大切なのは、どんな社会がこれから実現されるのか?ということなのです。

そうでなければ、仮想通貨はただのお金稼ぎの道具になってしまうでしょう。
だからこそ、学ぶ順番として「創られうる未来➡️仮想通貨の実体」であると考えております。

今回この記事ではそれを手助けしてくれる本を紹介します。

スポンサーリンク

どんな社会がこれから創られるのかを学ぶための本

お金2.0

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)
佐藤 航陽
幻冬舎 (2017-11-30)
売り上げランキング: 7

ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略 (NewsPicks Book)
幻冬舎 (2017-12-26)
売り上げランキング: 965

日本3.0

日本3.0 2020年の人生戦略
佐々木 紀彦
幻冬舎 (2017-01-25)
売り上げランキング: 8,070

多動日記

新しい時代のお金の教科書

新しい時代のお金の教科書 (ちくまプリマー新書)
山口 揚平
筑摩書房
売り上げランキング: 1,684

アフタービットコイン

仮想通貨を学ぶ上で参考になる本

【完全ガイドシリーズ205】ビットコイン完全ガイド (100%ムックシリーズ)

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-03-28)
売り上げランキング: 28

デジタルゴールド

デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語
ナサニエル・ポッパー
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 2,667

ひとまずこの全ての本に目を通せば、これから創られうる未来を予想できることは間違いないと思っています。
なぜ、優秀な起業家たちがここぞとばかりに時代の転換期だと言っているのか理解が深まると思います。僕も今何度もなんども読み返しています。

みんなで新しい時代の幕開けを気持ちよく迎えましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ