「早起きスペシャリスト」井上 皓史さんが早起きのメリット・コツを徹底的に話してくれた【HARES】

どうも、たっけ(@takeee814)です。
今回登壇してくださったのは、株式会社div (プログラミング教育事業、TECH::CAMP)) の営業マン
井上 皓史(ツイッターアカウントへ)さん。
井上さんは、1年以上、22時に寝て、5時に起きる生活が1年続いている。働いている組織に取っても良い影響を起こしているようだ。
このように、身近な人で早起きを続けている人で具体的な話を聞ける機会ってめちゃくちゃ貴重だと思います。
確かに本はたくさん出ているけれど、なかなかみなさんが早起きできないから、出版され続け売れ続けているわけで…身近な人の話を具体的にしっかりと踏み込んで聞いて、その習慣をパクるということがもっとも効果的です。
早起きのメリットや継続のコツなどを徹底的に教えてもらいました。
最後に自分が今回の話で学んだ、2つについても触れます。話を聞いていて、早起きって何文の得なのかわからなくなってしまいました….笑

スポンサーリンク

朝型のメリット

朝型のメリット
・体の調子が良い
・無駄なお金を使わない
・インプットの時間が増える
・生産性が高まる
・幸福度が高まる
・無駄な付き合いがなくなる

朝型を継続するために徹底している10つのこと


①22時就寝 5時起きは固定
→22時に寝るためのスケジュールを組む
②カレンダーロック
→カレンダー通り1日を過ごすだけ。ただそれだけ
③朝9時までに万全の状態を作る
インプットや運動、メール返信など。
④午前中を制するものは1日を制す(9時-13時)
午後仕事やらなくても良い!という気概でやる
⑤ランチを13時からにする。
→午前中の最重要タスクの時間を確保するため
⑥ストレスフリーで仕事をする
午前中で最重要タスクは終わっている
⑦商談/MTGは1日の終わりに
午前中にアポ入れない。自分との約束を優先
⑧19時以降は次の日のために
仕事が終わっていなくても夜の集中力は朝に勝てない
⑨プレッシャーをかけすぎない。
飲み会もある。ただ、24時に必ず寝る。
⑩土日も活動量を下げない。
ダラダラすると決めてダラダラする時間を作る。

朝型にして変わったこと
・人と会う時間を大切にする
・自己研鑽に時間をかけられる(読書&プログラミング)
・無駄な飲み会が減る(2次会は行かない)
・体調が良い
・自分と向き合う時間が増えた
・お金を使わなくなった。
 

生活リズムを徹底することで働き方、人生が変わっていく


井上さんの話を聞いていて、面白かったことが欲求の根源は自分の思い通りに生活リズムを作りたいということでした。
一般的な考え方でいけば、「副業がしたい」「遊ぶ時間を増やしたい」などの欲求が生まれれば、副業を始めるし、遊ぶ時間を増やします。
しかし、井上さんはそうではなく、まず自分の生活リズムを自分で作ることを徹底した。しかも、早起きというとてもいい習慣によって。そうすることによって、他の欲求を満たすための時間を増やすというのではなく、自然と時間を作れるようになっていったんですよね。
これって意外と忘れがちな視点な気がしました。多くの人は、好きなことをする時間を増やすということに焦点をあてがち。そうではなくて、その時間をいかに作るかということが実はめちゃくちゃ大事なのではないかと痛感しました。
生活リズムを徹底すれば、おのずと働き方が変わり、それによって人生は変わっていくのは当然ですよね。人生において、働く時間が多くを占めているのですから。
井上さんの堂々とそして活き活きとしている姿に全て集結されています。

朝に人と会う時間を作ることで、時間もお金も減らせる

夜にお酒を通して、人と会う時間を朝に変えることで1/30の理論が生まれるというHARES代表の西村さんの話からです。
説明すると、夜に人と会うとなると時間は3時間、費用は5000円とします。
しかし、人と会うことを朝の時間に設定することで、時間は1時間、費用は500円。
時間は1/3となり費用は1/10となり、掛け合わせると1/3×1/10=1/30ということになりますよね。
これには非常に納得させられました。
どうしても人は、コミュニケーションをとるための口実をお酒に頼りがちです。
しかし、お酒を通してしまうと本気でしゃべれなくなってしまうことは多々あります。
お酒が進むと、ついついさみしくなってきて、帰りたくなる衝動にかられてしまうことだってあります。(僕だけじゃなく多くの人がそうだと思う)そして、夜遅くに帰ると、次の日起きるのが非常に辛くなってしまいます。あああもう、考えただけでももったいないですよね。
朝型に変えることで、予想以上にメリットが多いのだと改めて痛感しました。

週に2回は渋谷で朝会をやっているのでぜひ参加してみてください

朝渋(井上さんと西村さん主催)
http://asashibu.peatix.com/

HARES COLLEGE(西村さん主催)
http://hares.peatix.com/
話を聞いて、意識が高いまま合わせて買いました。

スポンサーリンク