『個人の時代~どのように生き抜けばいいのか』by MOA大学

どうも、たっけ(@takeee814)です。

今までの社会の形が変わろうとしているのに、みなさんはお気付きですか?多くの人がそのことに関して、啓蒙はしてくださっているとは思いますが、なかなか自分事にできていないのは事実です。
端的にどのような時代になるかを申します。
個人が「終身雇用」のように会社に支えられる社会ではなくて「個人主義」の社会。
つまり、自分の身は自分で守らなければいけない時代です。
ポジティブに捉えると、自分をプロデュースすることが上手い人が生きやすい社会です。

MOA大学では、時代の最先端の生き方をしている5名を招待してプレゼンテーションを行いました。
それぞれの人たちが言っていることの要点を整理して、こちらで文章にしています。

~それではどうぞ~

スポンサーリンク

ジョーブログ(Youtuber)「一歩を踏み出す勇気〜亀田興毅選手との試合に挑んだ背景〜」

 

小学生の時に、「なぜ偉人たちはそこにのっているのか?」ずっと考えてた。
ジョーさんの目的は「自分の挑戦を共有して人にポジティブにし続けたい
 
夢は2種類あると思っている。
目標達成型-イチロー選手(1つの目標に向かって頑張る)
展開型-ジョーブログ(最終的に何をしたいかわからんけど、応援したいと思われる)
 
ジョーさんの場合は、
収集(旅)→内省(挑戦を共有するのが好き)→没頭(youtube-自己プロデュース)と考えられる。
 
ネットで真っさらな自分を発信→反応→分析→発信
このサイクルをスピードを研ぎ澄ましていくのがインターネットの社会で重要。
芸能事務所じゃなくて、0からでもネットで表現していけば自分の叶う時代です

桶浦直樹(Readyfor CEO)「貯信のススメ」

これからの個の時代に必要な考え方を超アカデミックだけれどわかりやすく伝えてくださいました。
ファウンドレイジングという学問は初めて知りました。
 
貯金=お金をためること
貯信=信頼を貯めていくこと
 
それによって、応援・協力してくれる仲間を増やしできることを増やしていく。
 
ファウンドレイジング
お金やリソースを無性に近い形で提供してもらいながら、寄付者に満足してもらい、どんどん仲間を増やすことを研究している学問。
 
ファウンドレイジングの原理原則
1,Ask&Tanks
2,寄付をいただいたら7回お礼をしなさい
 
今、クラウドファウンディングが勢いで「とりあえずやってみる」というのが多いが、「信頼の負債」を考えずにやってしまうのは危険。

松本 恭攝(ラクスルCEO) 「人の限界を決めるもの」

人の限界というのは「想像力の欠如」でしかない。
僕の意見として、これからの時代「個人ができないことはインターネットによってなくなる」と考える。

松本さんに話を戻します。

「絶対無理だ」ということを何度言われてきただろうか?
大学時代に新しくサークル(資金、ネットワーク)が何もない状態。
だけれども、松本さんには道が見えていた。イマジネーションがあった。
その言葉を聞くたびに、いらいらしまくっていた。
今では、その言葉を年に何度聞くことができるだろう?逆にチャンスだと思っている。

なぜ起業家になったのか?原体験は東京大学での「OVAL」という新しいサークルの立ち上げ運営の経験。
1年後には1000万円の資金を集めることができるサークルにもなった。

ラクスルで1日目でやったことは、「ビジョンを作ったこと」
今、人と資金が集まってくれているのは「自分ではなく、ビジョンのおかげ」
ストーリーが人を動かすので、いかに大きなビジョンを描くのかということが必要。

想像力の伸ばし方2はつ
・五感を使って経験する(スマホで読んだ情報は浅いインプット)
→情報の解像度が上がる
・抽象化する(メディアで切り取られている情報は1事象でしかない)
→ニュース、イベントの裏側を知って、全体像を掴む。

日本で起業してよかった。
海外だとチャレンジャーが多いので、勝ちにくいからこそ、チャレンジすれば勝ちやすい。
だからこそ、個人の時代どんどんチャレンジをしていこう。

想像力を磨きチャレンジし続ければ個人の時代でも必ず成功する。

エハラマサヒロ(お笑い芸人) 「”イタい”ことの大切さ」

 

イタいというのは「人と違う」大切なこと。
そうすることで、個性が出て目立てて「何屋か?」がしっかりとわかる。

お笑い芸人をはじめたころは、イタいと思われるのがすごい嫌だった。
劇場でも売れるっちゃ売れるけど、真ん中でい続けて仕事がこなかった。
仕事がなんでこないのか?ずっと考えてたら。
当たり障りもなくまあまあだから。
イタくてうざいやつが印象に残るので、そういう意味で印象に残る。
いかに印象に残すかを大切にする。
自分にはないができるかを考えて、場所に適応し、成果を出す。

落合陽一(メディアアーティスト)「人間社会から計算機自然へ」

個人の時代については、落合さんの肩書きが20個近くあることに着目してください。
かつては、仕事の時間は決められていたがこれからはそんな時代ではない。

 
 
人間がみえるものと、感じないものを人間がどう処理していくのか?に興味がある。
話の内容は超絶研究的でさらっとはまとめられないので、ぜひ更新されるlogmiさんでチェックを。
 
明治から今までの時代は大量生産品をいかに効率良く作って売るのか?(これは機械が得意なこと)そればかりを人間はやってきている。次の時代に求められる標準化されるものを自分自身は作っていきたい。
 
落合さんのお話は瞬時に理解して、落とし込めるものではなくいろいろ書くと、失礼にあたると思うので書かないようにします。
ただ一つ言えるのが、何個でも興味を持ったものをやり抜くことができる時代だと。
松本さんがおっしゃっていた、想像力をどこまで持ち行動し続けるかがかなり大切。

自分なりのまとめ

 

関連する書籍

これからの世界をつくる仲間たちへ
落合 陽一
小学館
売り上げランキング: 3,189
クリエイティブで世界を変える
福島 治
六耀社
売り上げランキング: 411,268
藤原和博の必ず食える1%の人になる方法
藤原 和博
東洋経済新報社
売り上げランキング: 1,644
スポンサーリンク