人生における恋愛の価値って?見つめ直してみて!

どうも、たっけ(@takeee814)です。

最近、どうしても頭の中で「恋愛ってなんだろう?」ということがぐるぐる回っています。
それはなぜかというと、3年近く彼女という存在がいないという理由が正しいかもしれません。
以前、このメディアで恋愛について書いた「好きな人がいる幸せ忘れてませんか?」という記事が反響ありました。

こんなことを書いています。

なぜ、俺自身に彼女ができないのか?というと理由は一つ。
好きな人ができないから。
自分のしたいことをせずに、誰かのためにその時間を使いたいと思えない。いまの俺にとって、時計の針は自分の為にしか進んでいません。
縦の糸も俺だし、横の糸も俺。
例えば、ブログを書く時間と女性とデートする時間どちらを優先したいか?と言われるとブログを書く時間。土日を女性と遊ぶ時間にしたいか?と言われると自分の夢に向かって直結するような作業がしたいと思います。
いま、自分が何か女性に与えたいかと言われると何も与えたくなくって。だからこんな奴と付き合ったってお互い悲しむだけの状態になるんですよね。
全ての軸が自分なんです。

好きな人がいる幸せ忘れていませんか?

このロジックでいくならば、自分のために時間を使うことが一番人生において重要であることは間違いありません。そうなるのであれば、恋愛=他人のために時間を使うことは必要ないでしょう。

スポンサーリンク

時間×熱量の考えが人生においてMUST

自分のためだけに時間を使うことが人生において、めちゃくちゃ大事だと俺は勘違いしていました。恋愛=好きな人のために自分の時間と想いを与え続けることが、時間×熱量の熱量の部分を強めてくれる。
これはどういういことかというと、自分が達成したいものが明確なのであれば、恋愛はしたほうがいいのかもしれないということです。
男は、好きな人のためにかっこ悪い自分を見せたくない生き物です。
いつだって自分が好きな人には何か楽しんでもらいたい。そのためには、何かを頑張り続けなければ新しい自分を好きな人に表現することはできません。
そういう基本的なことを僕は忘れてしまっていたのかもしれません。

好きな人への継続的な努力が自分の人生をさらに豊かにするのでは?

家族のため、好きな人のため、そんなことをいう人を馬鹿らしいと思っていた自分がいました。でも、それって本当に自分の勘違いだった。その人を想うエネルギーが行動エネルギーに伝播するとすさまじい熱量に変わるんですよ、きっと。
自分のためだけだったら、努力の成果が点で終わりやすい。それはなぜなら、自分への熱量は消えやすくなってしまうから。ただ、他者がいれば他者は自分の周りにはい続ける可能性が高いわけで、継続的にかっこいい自分でいなければならない。
こういうった意見を言うと、無理して自分を偽らずに頑張らなくていいのに、と言われるかもしれません。だけれども、そのエネルギーがなければ、熱は冷めやすくなってしまうような気がします。
人生における恋愛は、これからの時代のクラウドファウンディングのような役割を果たすのかもしれませんね。

好きな人がいることは自分にとっても、相手にとっても幸せ。
恋愛は人生を豊かにするものでなければなりません。

アイキャッチ画像の提供

・Photographer  

矢野拓実

・Model    

澤田マナミ(https://www.instagram.com/sawada_manami/?hl=ja)

2人とも素敵な写真を提供してくれてありがとう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ