1つのもの(ブログだけ)に愛を注ぐことが正しいことなのか?

どうも、たっけ(@takeee814)です。

最近、考えていることがあります。
何について考えているかというと「ブログに対しての向き合い方」です。
ここまで、ブログに対してとてつもないくらい愛を注いできました。
どれくらいの愛かというと、2年近く毎日更新して800記事書き上げているくらいの愛ですね。
あとは女性を愛することを忘れてしまっていたということをあげると、みなさんに伝わるでしょうか?笑

なぜ、ブログだけの愛ではなく愛を分散しようと思ったのかを順に説明していきます。

スポンサーリンク

ブログは愛の見返りが少ない

ブログを1記事書くのって、本当に時間かかるんですよ。もうとてつもないくらい。
初期の頃なんか考えすぎて1記事書くのに1日かかったことだって多々あります。ただ、その1日かけて得られたものが、「40PVと100円」とかってめちゃくちゃコスパ悪くないですか?
1日頑張って愛を注ぎ続けたのに、それだけの見返りしか返ってこないんですよ?
普通に時給1000円で12時間働いたら、1万2000円は入ってきます。圧倒的にコストパフォーマンスは後者のほうがいいですよね。
それでも、ブログを書くことが楽しいと思える人じゃないとこの壁はなかなか超えることができない。

ブログだけで頑張るのは、檻の中で頑張るようなもの

僕は、ブログ>自分という構図にはなりたくないのですよ。ブログ<自分でありたい。
あくまでも、外で見てきたものを自分というフィルターを通してブログで届けたいのです。

しかし、ブログ>自分の人が多く存在しているような感じがします。
それはマネタイズというものが大きく影響していますね。なんかブログの中でしかお金を稼げないと思ってしまっているのでしょうか?
世界は広いし、ルールなんて決まっていない。そういう人たちは檻の中で生きているような気がしてしょうがないんですよね。
自ら檻の中に入る必要なんてないんですよ、本当に。

何のためにブログを書いているのか?

自分でもう一度問い直してみてください。
僕がこれを考えたきっかけは、先日の「鳥取VALU研究会」ですね。
イケダさん、鳥井さん、スズキさんに「お金とは何か?上手な使い方とは何か?」この2点質問しました。

洗練された回答をしてくださったのですが、その中で僕が吸収した答えは「自分に合った稼ぎ方、使い方」がとても大事だということです。
イケダさん、スズキさんはとにかくブログを使って自分が世の中に実験できるお金を増やしたいという欲求がとてつもなく強いのですよね。本当にそこは自分はもっていないところです。
僕は、鳥井さんのブログ運営方針に近しいのかなと勝手に思っています。
自分の生きるリズムを整えるために、自分の想いを虎視眈々と発信していく。
それが、鳥井さんのクールでかっこいいところですよね。

自分のブログの運営方針をまとめますと、「オリジナリティー、やりたい想いが強い」もの以外はライター、エッセイスト、サラリーマン、として働くことがベスト感じました。
(恋愛コラム、翻訳記事、インタビュー記事制作など媒体さん受け付けますので、連絡下さると嬉しいです)

ブログに何もかもを投げ込みすぎていて、時間の使い方が自分はもったいなかったなとすごく反省しています。自分がやらなければいけないことをしっかり研ぎ澄ましながら、使えるお金をどんどん増やしていって、社会に還元し続ける人間になるべく頑張っていきます。

ブログは、これからも毎日淡々と更新しますので読んでくださいね。
みなさんも、ブログ>自分にならないように気をつけてください。
一番偉大なのは、紛れもなく自分です。マンパワーがインターネットの中に埋もれるのはかっこ悪いです。

スポンサーリンク