「ながら運動」に適したコンテンツとは?

ここ1週間、毎朝走っています。 #毎日20分ランというハッシュタグでやっているので、是非皆さんも運動しましょう、

あ、なぜ運動を始めたかも少し話してから、ながら運動のススメを伝えます。

体力が資産だと感じたから

僕は人間の資産として、存在するのは知力、体力だと思っている。あくまでも大きな枠組みで捉えると、知力、体力が残る。人生を20年スパンで考えたときに、知力は勉強すればするほど尽くし、経験もあればなおさら上昇する。しかし、体力は一定でしか増え続けないと思う。ましてや、運動をしていなければ体力は衰える一方だ。

そのような危険性を察知したので、「運動せねば」と強く感じた。だから、毎朝とりあえず20分走って、会社に行く。これを習慣化しようと決めたのである。

仕事は知力が大切だが、体力はもっと重要だ思っている。なぜなら、体力がなければ仕事をし続ける持久力は無くなるし、吸収する気概も減る。常に戦闘態勢を保ち続けるためには、体力を地道につけることが必須だ。

若いうちから体力をしっかりとつけていこう。今年は、トライアスロンやマラソンなどアクティブなものに果敢に挑んでいきたいものだ。

ながら運動に適しているモノ

音声学習だ。初めは英語の学習を走りながらしようと思ったが、走りながらではしっかりと聞くことができないので、英語学習はながらでは効果が低いと感じた。だから、本を聴くようにした。そうしたら、効果は抜群。

僕は、本を「flier」というサービスを使って聞いている。本の要約を音声で聴くことができるようになっている。僕のサブスクリプションの中で納得の1つ。

ながら運動に適しているモノの条件として大事なのが、「理解しやすいか」だ。英語であれば、非ネイティブな自分にとって、まず何を言っているのか?聞き耳を立てなければならない。それでなくても、走っていて集中力がそちらにあるのに、難しいことをやるのは無理だ。

良いバランスなのが、本を聴くこと。こちらが非常にオススメだ。

本を聴くことができるサービス

flier
Audiobook
Audible

この3つのうち、どれかを使えば本は聴けます。是非とも参考にしてみてくださいね。何かしら、参考になれば嬉しいです。