読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっけのメモ

恵比寿でバーテンダーやりながら、早稲田の学生してます。

スポンサーリンク

【脚本書いた】ネット中毒な女〜慶応の明日香ネットでの猛進

シナリオ

スポンサーリンク

f:id:Taketake:20161223154753p:plain

あらすじ

明日香は岡山県倉敷市出身。高校での彼女は東京への憧れがとても強い女性だった。兼ねてから夢である慶應義塾大学に見事合格。そして夢の東京の街での生活がスタート。しかし読者モデルになりたかった彼女は、慶応で満足いく大学生活を送ることができなかった。あることがきっかけで、SNSを利用して自撮りをアップし続け有名になっていく彼女。はたして明日香の結末は?

 

人物

   川崎明日香 18歳 22歳(大学生)

   今中裕子 22歳 (大学生)

   畠山祐希 22歳 (大学生)

   川崎紀子 47歳 (母)

   大学二年生

   大学一年生

   ツイッタラー

   編集者 

 

 

◯明日香の実家

   4年前。岡山県倉敷市にある実家の玄関。川崎紀子(47)が話しかける。

紀子「明日香。明日からあなたが夢に抱いていた東京生活ね。慶応に合格してくれるなんて思ってなかったわ。東京でも頑張ってきてね。」

   川崎明日香(22)は嬉しそうに答える。

明日香「ママ。ありがとう。東京には夢がたくさん広がっていると思うし、慶応に通う読者モデルみたいな感じで有名になっちゃうかもね。」

 

○自分の部屋

   四年後。ピンクのベットの上でiPhoneを手にする明日香。

   部屋には、数多く存在するAKB小嶋陽菜のポスター。

   そして、彼女のカメラロールには数え切れないほどの自撮り写真。

   Twitterのツイート、Instagramのタイムラインに流れてくる

   多くの芸能人の写真。

   全てが仏のように神々しく眩しい。

明日香「私も自分の顔が多くの人に見てもらえる日が来たらなあ....」

   そんなことを考えながら、静かに閉じる明日香の目。

 

○渋谷の居酒屋(夜)

   道玄坂にある土間土間でテニスサークルの仲間と新歓の飲み会。

   私が不得意な飲み会。

   畠山祐希(22)が口を開く。

畠山祐希「1年生は、俺たちのこと知らないはず。だから、ゲームで楽しく自己紹介し ていこう。やるよー。第一印象ゲーム。」

大学一年生「志田未来似」

   など横に座っている人の第一印象を伝えるゲーム。

   明日香の横の人に回ってくる順番。

大学二年生「いとうあさこ似」

   明日香の顔が曇る。

   周りの大学生一同は笑っている。

◯明日香の家

   私のベットの上にある私の不屈な顔。

   思い出すだけで腹が立つあの声。

明日香「なぜ、私は馬鹿にされなければならないのか?」

   部屋にある大きな鏡に映る私の顔。

明日香「私、馬鹿にされるほどブサイクじゃない。

 SNSを使ったら、写真を加工して可愛く写すことができるんだから。」

   私のTwitterに流れてくるアイドルの写真。

   Googleに写真・加工・アプリと検索。

   現れるMERYの記事。

   BeautyPlusとLINEカメラをダウンロード。

明日香「このアプリを使いこなして、自撮りを毎日あげていこう。」

 

◯明日香の家(朝)

   ベットの上で鳴り響く、iPhoneのアラーム。

   曲は前前前世。

   こじはると入れ替わっていることを期待。 

   いつもより長い化粧時間。

   昨日ダウンロードした2つのアプリを起動。

   なかなか可愛く撮れない私の顔。

明日香「しっかりしてよ、私の顔。SNSですら私の顔はいかされないの?」

   Twitterに自撮りを初めて投稿。

   ハッシュタグは明日香のジドリ。

明日香M「ジドリをカタカナにした理由は、本気さを軽減させるため」

   Twitterのフォロワー数は200。

   フォロー数は400。

 

◯電車の中(朝)

   朝日が電車に差し込む。裕子はギュギュウの満員電車の中で立っている。

   スマホにはTwitterのタイムライン。

   明日香のアカウントが流れる。 

裕子「明日香のジドリ?なんのことだろう?」

   少し遅れて、写真が表示。

裕子「おっ、この明日香めっちゃ可愛いじゃん。」

   微笑む裕子。

裕子「明日香はこれ毎日続けていくのかなあ?」

 

◯大学のキャンパス

   学生たちが溢れかえっているお昼下がりの食堂。

   明日香と優子の前にある豚しゃぶ定食。

   明日香の定食にはついていない白飯。

   裕子が嬉しそうに開く口。

裕子「明日香~。朝ね、電車の中でツイッターみてたんだ。そしたら、明日香のジドリって出てきて、何?って思った。

 でね、その後、明日香の写真が2秒後くらいに表示されてびっくりした。

 それにしても、今日の写真めちゃ可愛かったなあ。

   明日香の頬は上がり、目線をそらし、下がる顔。

明日香「自分で自撮りをあげておいて、改めて褒めてもらっちゃうと、なんか照れくさ いね。おとといね、自撮りをちゃんとあげていこうって決めたんだ。

 最近さ、SNSからモデルデビューしたり雑誌のコラム書いたりする人少しずつ増え てきたじゃん。私もそうなれたらなあと思ってさ。」

   少し驚く優子の顔。

裕子「明日香、そこまで考えてやろうとしてるんだ。頑張ってね。応援してる。」

 

◯新宿紀伊国屋

   ツイッターのフォロワー数を増やすための本を探す明日香。

   明日香はみつけて、すぐさま購入。

 

◯電車の中

   運良く座ることができた京王線。

   購入した本を開く明日香。

本には「フォロワー数より、フォロー数を多くするな。プロフィールで何者かつたえ ろ。長い文のツイート。写真を多めに。ツイッター有名人をフォローして学べ。」

   目からウロコの知識が溢れている本。

   私は、カツセマサヒコさん、さえりさん、はあちゅうさんをフォロー。

 

◯明日香の家

   いつも通りジドリ⇨加工の流れでツイート。

   フォロワー数は230、フォロ数150。

 

◯明日香の家

   半年後。手慣れた手順ですすめる明日香。フォロワー数は半年で3000。

   一度、若い女性に人気のWEBメディア MERYでジドリ女子として、紹介。

明日香「ツイッターでジドリを始めてから毎日がものすごく、充実している気がしている。」

 

◯大学内

   多くの学生達が休み時間うろうろしている。

女子大生「この前、MERYで特集されていま したよね」

   と話しかけられる明日香。

明日香「はい」

   と照れくさそうに答える明日香。

 

◯明日香の家(夜)

   編集者から送られてきたダイレクトメッセージに釘付けの明日香。

   某女性誌で明日香さんの特集を組みたいとの依頼のメッセージ。

 

◯学校

   1ヶ月後。大学内はいつもどおりひとがうろうろしている。

女子大生「えっ、某女性誌で特集されていた人ですよね。」

明日香「はい。そうです。自分でもびっくりです。こんな顔なのに。ネットてすごいで す。」

   明日香のスマホに表示されているツイッター。

   フォロワー数は1万5000。

   とてつもない某女性誌の反響。

 

◯学校の食堂

   昼休みで賑わう食堂。

裕子「明日香~。それにしても、明日香の自撮りすごい反響だよね。親友としてびっくりだよ。」

明日香「そうだよね。私もびっくり。こんな大反響だなんて。」

 

◯明日香の家

   ツイッターに流れる明日香のスッピン写真。

   2ちゃんねるでまとめられている。ツイッターで誹謗中傷の嵐。

ツイッタラー「こいつクソブス。実際は化け物だ。」

   何十万人の人が明日香の悪口。

   減っていくフォロワー。増えていく悪口とスッピン写真。

   明日香の手にはカッター。

◯裕子の家

   明日香のスッピン写真をアップし続ける裕子。