映画「プライベート・ライアン」を観て

ものすごく良い映画を観ました。

僕が「良い映画」を観る時は、いつも彼女の「お勧め映画」であることが多いです。ここまで彼女が勧めてくれる映画が良い映画ばかりなので、僕のレコメンダーになってもらっています。

プライベートライアンについて

映画の冒頭20分。戦争の匂いがしました。ちなみに、監督のスピルバーグは「戦争の匂い」を嗅いでもらうくらいリアルに創りこむ気概で作っていたようです。まさに、思惑に嵌められた。でも、これでいいのです。これほどまで「戦争映画」であることを感じさせられた映画もありませんでした。素晴らしいにつきます。

ちなみに、豆知識。プライベート・ライアンのプライベートは戦争中の言葉だと「二等兵」という意味になります。つまり、この映画のタイトルは「二等兵のライアン」なのです。

最後に

ぜひ一度、ご覧になって見てくださいませ。最後まで読んでくれてありがとうございます。