あらためて、ノートにメモをとる重要性を再認識。

最近、大学受験ぶりにシャーペンとノートを使い始めた。ここ2年ほどはPCを使ってメモを取っていた。だが、どうもしっくりこないのだ。だから、メモを取るスタイルを大胆に変えてみた。きっかけは、Netflixのビルゲイツのドキュメンタリー。

今日は、その変化について触れようと思う。

シャーペンを使いノートにメモするということ

はっきりと輪郭が現れる文字に残すことで、自分の思考形跡がたどることができる。さらに、メモをすることで思考や内容が定着しやすくなる。このような利点を改めて、僕は発見した。

では「PCでメモすること」と「筆記用具を使いメモすること」の大きな違いはなんだろうか?

それは「メモの目的」であるという結論に至った。

PCでメモをするのは、人や自分に内容を共有するためだ。あくまでも共有ベースのメモ。一方、筆記用具を使いメモするのは、知識の定着や整理のためだ。

当然、共有することも大切だと思う。だが、共有するものを理解している前提であるべきだ。そこのハードルを下げてはダメだと改めて感じた。もっと理解に対するハードルを上げ、ストイックに頑張っていきたい。

最後に

この発見は自分にとってかなり大きい。これからも自分のためにシャーペンを使ってメモを取っていきたい。雑でもいい、スタンスが大切だ。

ちなみに僕が愛用しているメモ帳はマルマンのものだ。

マルマン ノート ニーモシネ A5 方眼罫 N182A
マルマン(maruman) (2015-02-16)
売り上げランキング: 1,104

最後まで読んでくださってありがとうございます。