下ネタは「声の高さ、出し方」で印象が変わるか試してみた

f:id:Taketake:20170309182634p:plain

 

どうも、たっけ(@takeee814)です。

今まで、俺と飲んだことor喋ったことある人はわかっていると思いますが、下ネタは多いです。

ただ、下ネタを死ぬほど喋ってきたからこそ下ネタの上手な使い方、喋り方がわかってきました。

下ネタは男女ともに共通言語であるので、うまく使うことで初対面でも仲が良くなります。

ラポールを築くのに使えますよ、下ネタ。

それをみなさんにお伝えしましょう。

 

楽しそうにしゃべる

 

こちらは高い声で、楽しそうに喋っているから、いやらしさがありません。

マジで、試してみて。本当に大きく変わるので。

周りで下ネタ喋っていて、なぜいやらしく聞こえないんだろうって考えるとだいたいルーツはここにあります。

高田純次さんなんか典型的なコレですよね。

下ネタの声のトーン、喋り方完璧すぎます!!!!

 

 

こちらはNGバージョンで、低い声でいかにも何かいやらしい声を考えているような言い方。

 

本当に声の出し方、喋り方で下ネタはいやらしく聞こえてしまうので、気をつけましょう。

本当に陰キャラの男子に多いのがこれ。

下ネタをねちっこく低い声で、しゃべりぎみ。

麒麟の川島さんなんかは、いい声だから参考になりません。

ケンコバさんも。

いい声で下ネタはせこいです。

 

 

ぜひぜひ意識して下ネタを行ってみてください

 

こちら意識し続けると、変わってきます。

下ネタは人と人を仲良くさせる魔法のようなもの。

使い方によって、その後の関係性が変わってきます。

ぜひとも、下ネタを良い方向に活用して行ってください。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です