【介護職ってどんな仕事?】CannotをCanに変える"鍼灸按摩マッサージ指圧師"に話を聞いてきた

 

f:id:Taketake:20170124144816p:plain

 

どうも、たっけ(@takeee814)です。

介護職ってどんな仕事?を5回のシリーズでお送りしようと考えています。

なぜ僕が介護職につかれている方へのインタビューをしようと考えたのかを初めに伝えます。

それは、日本は現時点で既に超高齢化社会なはずなのに、介護職につかれている方に対しての仕事の理解が薄く、人材確保に困っていると感じているからです。

そして、僕が介護職の方はどのような職業の人たちがいて、何に困っていて、何に楽しみを見出しているのかを伝えないといけないのではと思ったのでインタビューすることを決めました。

実際に日本では介護業界が危機的な状況になっていることをご存知でしょうか?

 

今、介護業界は危機的な状況にあります。

成長市場と注目されてきた老人福祉・介護事業だが、2015年4月の介護報酬改定や介護職員の人手不足が慢性化する中で業界内の淘汰の動きが強まっている。

※ 本調査対象の「老人福祉・介護事業」は、有料老人ホーム、通所・短期入所介護事業、訪問介護事業などを含む。

 

2016年の倒産108件、調査開始以来で最多を記録

 2016年(1-12月)の「老人福祉・介護事業」の倒産件数は、108件(前年比42.1%増)と急増した。2015年(76件)を大きく上回り、2000年からの調査を開始以来、最多件数になった。負債総額も94億600万円(前年比47.2%増、前年63億8,600万円)と前年を大きく上回った。

出典:「老人福祉・介護事業」の倒産が急増、2016年は2000年以降で最多の108件

 

このような現状を踏まえて、今回お話を伺うのは、鍼灸按摩マッサージ指圧師の賀曽利さんです。

介護職やマッサージ業界のリアルな実態などのお話も引き出すことができましたので、読んでいってみてください。

 

動かなかった腰を動けるようにしてもらったことが鍼灸按摩マッサージ指圧師になるきっかけ

 

f:id:Taketake:20170105141111j:plain

 

大学時代から社交ダンスをやっていて、ある日、練習中に腰が動かなくなったことがありました。

その時にダンス仲間に鍼灸按摩マッサージ指圧師がいて、動かなかった腰を動かせられるようにしてもらいました。

ちなみに、鍼灸按摩マッサージ指圧師は国家資格です。

それも医療機器などを使わず、手だけで治せるということに非常にびっくりしました。

この職業は自らの手で、できなかったことをできるようにする。

「これってめっちゃかっこいい職業じゃん」と思って、8年間のサラリーマン生活を辞めて、鍼灸按摩マッサージ指圧師になるために専門学校に通い始めました。

結婚していたので、自分の夢を応援してくれる妻で本当に良かったと感じています。

そして、今鍼灸マッサージ師になって5年目になります。

 

技術不足/国家資格のない施術者が増えて、事故が増えている 

f:id:Taketake:20170124143423j:plain

マッサージの民間資格は、短いものでは2週間から取得できるものもあります。

国家資格である鍼灸按摩マッサージ指圧師は、3年間学校に通い、解剖学などきちんと学びきちんとした医療資格を身につける必要があります。

そして国家試験を突破していくのです。

本来は細心の注意や知識を持って、人の体に触れて治療をしなければならないのに、実情として、2週間後から安易に仕事を始められます。

知識のない人たちが患者の体に触れることでたくさんの問題が起こっています。

それは消費者生活センターとかに多くの話が寄せられています。

骨に触れて圧迫骨折したりとか、肋骨が折れたり、あとは頚椎から出ている神経が傷つき首のしびれが残る、最近はこのような話も多く出ています。

やはり解剖学などのしっかりとした医学的な知識がないと危ないということは大いにあります。

読む人は患者側の人が多いと思うので、施術者を選ぶ目を持ってもらいたいです。

 

介護職で働いている身としての3つの不満

1.家族関係が悪い家族も 

介護の大変さや、遺産相続などの問題で、利用者と家族の関係が悪化することが現実問題としてよくあります。

利用者の支援をするための仕事なのに、そういった場面に遭遇するのは、やりきれない気持ちになります。

2.世間に僕らの仕事のやりがいが浸透していない

介護職の魅力が世間には全く伝わってないと思います。

だからこそ、私たちがどんどん伝えていかなければ新しい人材は流れてきません。 

3.人材のどんぶり化。AとBの施設を行ったり来たりしているだけ。

f:id:Taketake:20170123135950p:plain

AとBの介護施設があるとします。

そして、ある人がAという施設で働いています。

ある人「Aの施設嫌だから、Bの施設で働こう」となります。

これがBの施設でも起こっていて、同じ人材がAとBを行ったり来たりしているだけで新しい人材が入ってこないのです

 ただ、この情報は全ての施設がこのようになっているわけではないかもしれません。

インタビュイーの経験に基づくものとなっております。

相模原市施設での大量殺人事件についてどう思いましたか?

正直、私は起きた時に「ちょっと気持ち分かるな」って思ってしまいました。

その理由としては、介護職の労働環境にあると思います。

例えば、1人の介護従事者が7,8人の利用者をみているというのはまだいい方です。

それが10人であったりとか、深夜帯になると20人、30人を1人で見ないといけないって状況があります。

その中には認知症の方や障害があって満足に動けない人もいます。

奇声を出したりご利用者さんから手が出ちゃったりとか、はたかれるなんてこともあります。

私自身実際にそのような経験はあります。

そういうのをやっぱり日常的に受けてると、絶対に起きちゃいけないことなのですが

起こってしまう可能性を介護職の労働環境は秘めています。

早急に介護職の環境の改善が必要だと感じています。

 

鍼灸按摩マッサージ指圧師としてやりがい2つ

 

f:id:Taketake:20170123140128p:plain

1.できないことができるように

介護施設に入っている方は、体が不自由になっていて普通の生活を送れなくなっている方が多いです。

だからこそ、自分が鍼灸按摩マッサージ指圧師としてコミットすることで、車椅子に1人で乗れる、それによって行動範囲が少し増える、トイレに自分でいけるようになってもらえます。

これにものすごくやりがいを感じています。

少しでも自分で歩けるようになった姿を見ると、とても感動します。

 

2.人生の先輩の話を聞ける

施術中にゆっくりお話をする機会は多いので、その人の人生観に触れる機会はとても多いです。

以前は上場企業の社長だったという方も多くいらっしゃいます。

そのような人生の成功者のお話を仕事を通して聞くことができる環境なので、自分の人生の役に立ちます。

  

スマホやパソコンが原因で肩がこっている人の解消法を教えてください 

首の後ろにある、風地とよばれる場所を抑えるといいです。

前提として、肩こりは二足歩行になった時点で絶対になります。

そして、どうしてもパソコン作業すれば、首と肩はこるの仕方ありません。

介護従事者の求人サイト/支援サービス

日本最大級の医療介護求人サイトジョブメドレー

 

f:id:Taketake:20170105144933p:plain ケアマネジャーの転職ならジョブメドレー

 

介護派遣のメディカルケアワークス

 

f:id:Taketake:20170105145517p:plain 

介護士の派遣・求人なら【メディカルチョイス】

 

介護従事者のための経営支援サービス、カイポケ

 

f:id:Taketake:20170105150509p:plain

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

 

募集

 

【介護職ってどんな仕事?】を5回のシリーズ化にします。

ですので、ぜひ介護業界で働いている方のお話を聴く時間をいただきたいです。

今回のような形で記事にさせてもらいたいので、「私紹介できる、ぜひ来てください」などあれば連絡ください。

taketake.12326@gmail.comまでメールorFacebookメッセージなどで連絡いただけると嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です