量と質について

何度も反省することだが、量は質を凌駕するのは嘘だ。質を高めるために量を生み出さないと、上達しない。これは本当に見落としがちだ。「こんなことを忘れるなんて」と思われがちかもだが、まじで見落としてしまう。だから、決めた。特に質を高める文章を書こうと思わないときは、短く終える。スパッと終えたほうが気持ちい。