ちきりんさんの採用基準の内容を小学生にでも理解してもらうために"すすきのゴン"というシナリオを作りました。

f:id:Taketake:20161229161717g:plain

 

あらすじ 

小学校3年生のゆうきは、リレーでアンカーを任せられるが石ころにつまづいてしまって、チームがビリになってしまう。そのことがきっかけで、友達に1カ月友達をやめると言われる。ゆうきの悲しみは親にも伝わらない。そんなときにに突然現れたたすすきのゴンがゆうきにチームってなに?ということを説明する。

 

PS.絵本にできたらなあと考えています。

            

登場人物

寺田ゆうき(8)

ゴン   (30)

寺田香織 (28)

寺田隆治 (31)

坂本蓮  (8)

井上隼人 (8)

先生

 

 ◯小学校の校庭

   築30年の小学校。待ちに待った運動会の日。500名ほどの赤白帽をかぶった生徒たち。

   寺田香織(28)と寺田隆治(31)

   は寺田ゆうき(8)を見つめている。

香織「ねえ、りゅうじ。ゆうきさ、背はそんなに高くないけど、足だけは早いよね。そ れってりゅうじに似てるの?」

隆治「俺も小学生の頃早かったよ。でも、ゆうきのようにアンカーを任されたことはな かったなあ。あっリレー始まるぞ。」

 

 ◯同校庭

   リレー走者の一人目坂本蓮(8)が走り出す。アンカーのゆうきは足をバタバタさせながら走者を見つめている。

   そして、2番目のランナーにバトンを渡す。順位は1位。

   3番目のランナー井上隼人(8)も一位の状態でバトンをもらう。

寺田M「ああああ、ついに順番が回ってきてしまう。アンカーだよ僕。こけたりして抜かされたらどうしよう。」

   

 ◯同校庭

  寺田が井上から渡されたバトンを握る。

  全速力で走っている。寺田の前に少し大きめの石ころ。

寺田M「あっ、やばい僕つまづいてる。どうしよう。」

 

 ◯同校庭

   5分後。

先生「最下位のチームから発表するぞ。寺田 のチーム」

 

◯原っぱ

   すすきが生い茂っている原っぱ。

   寺田、坂本、井上が歩いている。

   3人は原っぱの前で立ち止まる。

坂本「なあ、ゆうきー。なんでおまえこけち まったんだよ。

あのままいけば一番になれたのに。おまえにアンカーなんか任せなきゃよかった。」

井上「ほんとだよー。1位だったら俺たちは

 小学校の間で英雄になれたかもしれないんだよ。お父さんが言ってたもん。小学生がモテるための最重要項目は走るのが速いことだって。」

寺田「ごめん……」

   風が強く吹き、すすきが揺れている。

坂本「ゆうきに反省してもらうために、これから1ヶ月は友達やめよう。」

寺田「え….なんで….それはいやだよ。友達2人しかいないもん。」

坂本「まあそんなことしらなーい。」

井上「うん。じゃあな。」

寺田M「えっ、どうしよう。友達いなくなっちゃった。」

 

◯寺田家

   机の上にはハンバーグとライスが並んでいる。3つの椅子に親子で座ってい  る。

香織「ゆうき、今日は運動会お疲れ様。大好きなハンバーグ食べてね。」

寺田「おおおおお、ゆうきおつかれー!!頑 張ったなあ」

   ゆうきがハンバーグを食べていた手を止める。

寺田「パパ、ママ。頑張ってなんかないよ。追い抜かされちゃったもん。全然頑張って なんかないよほんと。僕のせいで、チーム が負けちゃったんだ。」

香織「ゆうき、そんなことないわ。転んだとしても立ち上がって諦めずに走り抜いたじ ゃない。その姿勢ママは好きだったよ。

寺田「ゆうき一人のせいじゃない。チームで 負けたんだから、みんなで負けを認めない  と。チームでアンカーをゆうきに決めたんだろう。」

寺田「うん…..でも….ごちそうさま」

   寺田は階段を上がり、自分の部屋へと入る。

 

 ◯原っぱ

   学校の帰り道、すすきの原っぱの前に

   1人で寺田は座っている。

寺田M「なんで1ヶ月も友達なしで過ごさなきゃいけなんだよ。それに、1ヶ月後に友達に戻れるのかな。」

ゴン「ゆうき、大丈夫だよ。」

   寺田は風にのって、自分の名前が呼ばれた気がする。

ゴン「ゆうき、こっち向いてよこっちだよ。

 前見て。」

   寺田は前を向く。

   すると、すすきがこちらを見て、喋っている。

寺田「えっ、なんですすきがしゃべれるの?

 それにちょっと、すすきにしては眉毛太いし、目がクリクリしすぎてない?」

ゴン「ゆうき、余計なお世話だよ。」

寺田「なんで、僕の名前知ってるの?」

ゴン「昨日の君たちを見ていたからだよ。」

寺田「えっそうなんだ。君の名前は?」

ゴン「ゴン。」

寺田「ゴンっていうんだ。でも、またなんでぼくにしゃべりかけてくれたの?」

ゴン「ゆうきが何か困ってそうだったから、助けてあげようと思ってね。何か悩んでい るの?」

寺田「リレーで僕がこけちゃったせいで、チームが負けちゃったんだ。それで、1ヶ月間友達やめるって言われちゃった….」

ゴン「そうなのか。それはとても辛い思いしてるね。

でもね。あっ、5分経ってしまった。僕は1日5分間しか人としゃべることができないんだ。他にも決まりごとがあるんだけど。じゃあ、また明日ね。」

寺田「あああああああ」

   ゴンの声はしない。寺田は歩き出す。

 

 ◯寺田家

   テレビがついているリビング。香織と寺田はソファーに座っている。

香織「ゆうき、少しは元気でたー?隆二と二 人で心配してるんだよ」

寺田「ママ、ちょっとは元気でたよ。だってね、すすきのゴンがね悩み聞いてくれたんだ よ。」

香織「鈴木勤?誰それ?」

寺田「すすきのゴンだよ。すすき。」

香織「あのひょろひょろで見ているだけで寂しい気持ちになるすすき?」

寺田「それって、すすきのごんに失礼じゃな い?」

寺田「僕にはとてもあったかいものだよ」

香織「ちょっとゆうき大丈夫かしら?隆二。ゆうきがすすきとしゃべったとかわけわか らないこといってるんだけど。ちょっときてー。」

   隆二が階段から降りてくる。

寺田「ゆうきすすきとしゃべったのかい?そのすすきはなんていう名前?」

寺田「ゴン」

寺田「ほーゴンっていうんだ。」

 

 ◯原っぱ

   学校の帰り道。すすきの原っぱ。

寺田「ゴーン。」

   ヒューンと風の音が響く。

ゴン「おっす、ゆうき。今日も来てくれたんだね。

今日は、ゆうきがんでいる、チームってものについて説明するね。」

寺田「うん。」

ゴン「チームはね、何か大きな目的を達成するために必要な組織なんだ。

だからね、今回のリレーの場合、リレーで一等賞を取る目的を果たすためのチーム。

そこで、リーダーシップって言葉が出てくるんだけど、リーダーシップというのは、チームの目的を果たすために一人一人が考え行動すること。

リーダーシップのスキルは算数や国語 みたいに身につけられるんだ。日本人の多くは、生まれ持ったものだと思っている人 多いんだけどね。小泉総理大臣だって、勉 強したはずだよ。

寺田M「小泉さんってあの目の細いサンタクロースみたいな人のことかな?

りゅうちぇる民営化?郵政民営化?よくわかんないけど、そんなこといってたひとかな。

あの人滑舌はあんまりよくなかったけど、勢いだけはあったような気がする。」

ゴン「だからね、それをゆうきのせいだけにするっていうのは間違っているんだ。

ゆうきだって、ちゃんとチームのためにリレーをアンカーで走るっていう決断には賛成して行動したじゃない。

あとは、走り抜く力が足りなかっただけだよ。

そこは、次の宿題にすればいい。

結局ね、何が言いたいかって、自分だけの責任って考えなくていいよ。

自分が苦しまないように、どう楽しめばいいのか?って考え方を持った方がいいよ。

だから、頑張るんだよゆうき。明日ゆうきだして、友達にこのこと伝えてみて。」

寺田「うんっっっっっ。」

   と満面の笑みで走り去っていった。

   

参考にした本は採用基準

僕の中で、採用基準の内容をどのようなストーリで伝えれば小学生でも理解できるのか?を考えた時に思いついたのがすすきのゴン。

 

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です