早稲田のベンチャー稲門会を知っていますか?

現在、運営メンバーとして早稲田のベンチャー稲門会を運営しています。あまりこの活動について触れてこなかったので、ブログを通して月1、みんなにどんなことをやっているか報告できたらと思います。

是非とも、早稲田の卒業生や在学生はシェアしてくれると嬉しいです。早稲田を盛り上げましょう。

初めてのベンチャー稲門会に関してのブログ記事ですので、「ベンチャー稲門会とは何か?、メンバーの紹介、なぜ僕がベンチャー稲門会をやるのか?」などを伝えられればと思います。よろしくお願いします。

ベンチャー稲門会とは?

ベンチャー稲門会は、早稲田大学出身のベンチャー企業経営者の会です。
“Best Practices for Humanity”を合言葉に、人々が自発的に自己の能力を活かしながら働ける場であり、好業績を出す、
他企業の規範となるようなベンチャー企業の集団になることを目指します。

僕たちとしては、ベンチャー稲門会は硬くなりすぎず、門戸をもっと広げたいのです。「だからベンチャー企業に入る人を増やしたい、起業に興味持ってくれる人を増やしたい」そんな思いでやっています。

ブラジルはサッカー大国になるために、サッカーが上手な人だけを集めたかというと、そうではありません。まずはサッカーに興味を持つプレイヤーを増やしたのです。サッカー人口を増やすことで、競争率が高まり、サッカー大国になる。そのようなロジックです。

それは、ベンチャー稲門会も同じで、ベンチャーの雰囲気に触れてベンチャー社員になることで、自らも起業したくなる、そして経営者となる。そんな流れで進んでいくのではないでしょうか。そのような気持ちで、僕たちはベンチャー稲門会を運営しています。

ベンチャー稲門会のメンバー

幹事メンバー

リンクアンドモチベーショングループ代表取締役会長「小笹 芳央」

株式会社オプトホールディング代表取締役社長CEO「鉢嶺 登」

株式会社ディア・ライフ DEAR LIFE CO.,LTD.代表取締役社長「阿部 幸広」

株式会社エスクリ代表取締役兼執行役員社長「岩本 博」

株式会社メンバーズ代表取締役社長「剣持 忠」

ユナイテッド株式会社代表取締役会長CEO「早川 与規」

株式会社メディアフラッグ代表取締役社長「福井 康夫」

株式会社リブセンス代表取締役「村上 太一」

運営メンバー

株式会社オンリーストーリー代表/ベンチャー稲門会/事務局長「平野哲也」

株式会社KAIKETSU取締役 「平賀 大地」

AZX Professionals Group パートナー弁護士「石田 学 」

WASEDA NEO「高橋 龍征 」

幻冬舎 あたらしい経済「竹田匡宏」

なぜベンチャー稲門会を運営しているのか?

それはもう、早稲田大学をもっと盛り上げたいからに付きます。自分ひとりで盛り上げるのは難しい。

それなら今あるコミュニティの中に入り盛り上げることが一番。ベンチャー稲門会の認知度はまだまだだと思います。

だから、僕が頑張って早稲田の人たちに意味のあるコミュニティにして、良いコミュニティにしていきたいのです。

慶應に比べると、早稲田は卒業してからの仲の良さが薄い印象があります。そういうものをどんどん払拭していきたいです。

東洋経済記事:慶応OB「三田会」やっぱり強すぎる結束の実像

慶應を負かすチャンスはいまだと思っています。皆さんで早稲田の結束を強められればと思います。

最後に

定期的にイベントなどを行っていきますので、何卒よろしくお願いします。このような形で僕のブログを通しても早稲田にまつわるコンテンツをどんどん発信していきます。

ベンチャー稲門会への連絡先:https://www.facebook.com/venture.tomonkai/

<新規会員申し込みの方はこちらから↓>
メールアドレス:vtomonkai@gmail.com