「好き」な理由を説明させてくれるな

どうも、たっけ(@takeee814)です。

めちゃくちゃムカつくことがあった。それはもう、そいつのことを殴り飛ばしたくなるくらいムカつくことだ。渋谷の一軒目酒場でバクハイを6杯くらい頼んでからのことだったと思う。俺も6杯くらい飲むと少しだけ酔う。酔うといっても、ちょっとだけおしっこしてる時にブルブルして酔ってるなって感じるくらいや。道端で呂律回らずに飲んでいるかわいいおじいちゃんほど酔っているわけじゃない。

そんな酒の席で質問されたことが「おまえさ、なんであいつのこと好きなん?」ということ。その主観俺が感じたことは、「あっこいつだせえな」ということ。俺の感覚的に「好きなものは好きだから好き」だということだ。直感で好きだから好きなんだ。特に「なぜあの人が好きなのか?」という理由になれば、よりそうじゃないか。好きな人の好きな理由を上げ続けられる人は、無理に好きになろうとしているだけの人なんじゃないかな?と思う。

そして、言語化という言葉も怖い。「好きなものなら、言語化すれば?」なんてよく言う人がいる。本当にめちゃくちゃ綺麗な好きという感情は、言語化なんてできない。言語化できるものは一旦自分から離れてしまっているものだけなんだ。彼女のことだって、好きだから好き。働いている会社だって、好きだから働く。それ以上でも以下でもねえ。

なぜ好きなのですか?と聞いた時に、「好きだから好き」と即座に答えてくる奴はだいたいホンモノの人間だ。そこに理由や意味なんて必要ない。
それは嫌いっていう感情もだ。人間に説明責任なんてねえ。あるのは、逮捕されちゃった時だけだ。笑
捕まらずに楽しく生きていけばいい。

自分の好きなことでしか、踏ん張れない

継続できたものが好きなこと

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田の留年生。 #バーテンダー #ブロガー シナリオ 脚本なども書いてます。写真も撮ってます。映画作りたいです。連絡はtaketake.12326@gmail.comへ