英語学習を始める人が知っておくべき4つのこと

どうも、たっけ(@takeee814)です。

英語学習は、中学高校6年間を通して続け、早稲田大学に合格。その後、英語を学習する理由が無かったので、学習はしていませんでした。
しかし、ブロガーとしてフィリピンに無料留学できるという話を聞いて、1年前にフィリピン留学し、また英語学習に目覚めました。そして、現在は毎日2時間英語を勉強する人間となりました。
僕は、英語学習を一生続けていくでしょう。それは楽しいからです。なぜ楽しいかというと、ちゃんと伝わるからです。
外国人に伝わるための英語を身につけるために大切なことを、英語学習をスタートする人は知っておいてほしいので、記事にします。

1,発音を意識しよう

中学高校と、英語学習をした人も発音を学ぶということはほとんどしてこなかった。これが本当に英語を日常的に使うためには大きな穴となっています。日本の英語教育は発音を徹底的に叩き込むことをしなければ、日本からグローバル人材は生まれません。
外国人が日本語を下手くそに喋っている時はたいてい、日本語の発音が下手くそな時です。だから僕たちもあまり聞こうという姿勢を持てない。しかし、私たちが英語の発音が下手くそであれば、外国人に同じようなことを思われます。
僕は、1年前にフィリピン留学の「サウスピーク」に通って、発音をたたきこまれました。語学を学ぶ上で、「音」を大切にしなければいい語学学習とは言えないと思っています。とにかく、発音にこだわってみましょう。そうすると、外国人は話をちゃんと聞いてくれます。

発音を鍛えるために必須の参考書

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)
ジュミック今井
明日香出版社
売り上げランキング: 1,919

とにかくこの教材を何度もなんどもやりこみましょう。本がめちゃくちゃ汚くなるまでやり続ければ発音は上手になります。

2,語彙力をつける

当たり前ですが、語彙を知らないと文章を作れません。その意味で、語彙力というのは語学学習において、必須になります。
日本語でも「ありがとう」「旅」など簡単な言葉を知らなければコミュニケーションを取る際に非常に困りますよね。
幸いにして語彙力は、大学受験である程度の単語を覚えていたのである方でした。ただ、思い出すのにも苦労しました。
語彙力をつけるための参考書はもっぱら「ターゲット1900」がおすすめです。こちらの単語帳と、単語リングを購入して勉強しましょう。そしたら、常用単語と少し上級単語を網羅できます。

 

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
宮川 幸久
旺文社
売り上げランキング: 445

3,毎日10分は英語に触れる時間を作ろう

語学ですので、毎日ふれあい続けなければ「身体」が覚えてくれません。頭で覚えることももちろん大事ですけれど、英語は体全体で覚える意識をしましょう。そのためには、毎日の積み重ねが非常に重要になると思います。
僕がどのようにして、毎日3時間近く英語学習をできる時間を作っているのか?ということは以下の2記事で読めます。

参考記事:【スマホで英語学習】1日の隙間時間に英語を勉強できるスマホアプリ3選
参考記事:英語学習は「電車に乗っている間」だけやろう

隙間時間というのは必ずはるはずです。その時間を有効活用して、英語学習の時間にするのです。というよりも、隙間時間=英語学習の時間と脳に刷り込みましょう。

楽しく勉強するというのが非常に重要だと思いますので、「Netflix」を使った英語学習が初めは馴染み深いのではないでしょうか。
英語字幕にして、その英語字幕を口を開いて読むだけでも圧倒的な力がつきます。これで僕はかなり英語の発音、スピーキング力がついたと思います。

4,目安として、TOEICや英検を受験するべき

点数だけにこだわるのはどうかと思いますが、資格の点数にこだわるのはいいと思います。TOEICや英検のハイスコアを持っていても英語を実用的に喋れない人はいるかもしれませんん。しかし、どちらの点数もたいしたことない人で英語をしゃべれる人は皆無でしょう。だからこそ、点数にはこだわりましょう。
TOEICや英検のハイスコアを持っているだけで、英語ができる人レッテルを貼ってくれるのは非常に便利なツールだと思います。だからこそ、いまTOEICと英語の勉強を必死にやっています。今年中にTOEICは満点とります。TOEICの勉強をするのであれば、「スタディサプリEnglish」で間違いありません。

英語学習をスタートする人が検討すべきステップ

様々なサービスを使ってきましたが、自分としては以下の順番がいいのかなと思います。あくでもがっつりと留学できず、仕事をバリバリしながら英語学習をしようと考えている人向けのプランです。

1,スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)
2,オンライン英会話(DMM英会話レアジョブ)
3,フィリピン留学(2週間から1ヶ月)
4,スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン