明るい未来のために

失敗はたまに人を嬉しくさせてくれる」俺は、そう信じている。なんか、本当に大切な時ほど失敗が起こる。それは今回のハッカソンでも起こった。

少し過去を思い出すと、英語もそうだった。ちょうど2年前フィリピンに留学して、無理やりディベートコンテストに参加した。結果は案の定ダメダメ。頭の中が真っ白になってしまって、チームに恥をかかせてしまった。そういうとても苦い経験はしたくないが、またしてしまった。今回のハッカソンでもデモ動画のプレゼンミス。せっかくコードを書いて、いいサービスを作ったのにみんなに伝えるところでミスをしてしまった。これは非常に勿体無い。

でも、こういうミスがあるからまた頑張れるのもある。技術力もゴリゴリ磨いていこうと思う。この1年は着実に毎日勉強を続ける環境にしたい。表に出たりするのは正直あまり性に合わない。目立つことが好きなのかな?と思っていたけど、自分は目立つことは大して好きじゃない。人が見ていて、不快になったり邪魔だなあと思ったりする際に、わざわざ目立つ必要はない。

自分の技術力、ファイナンス力など様々な力を伸ばすために、頑張る。それもこれも明るい未来のためだ。自分が成長すれば、社会は良くなる。そう信じて、テクノロジーの世界にぶっこんで生きたい。