「フリーランス」と「サラリーマン」はどちらが優れているのか?

昨日は、「働く」についてライブ配信をしました。

「働く」に関しては想いが強すぎるので、話しすぎちゃったと思います。もちろんライブ配信を全て見て欲しいですが、ここでは、僕が最も伝えたかったことについて話します。

フリーランスとサラリーマンはどちらが優れているの?

結論として伝えると、どちらかが一方が優れているわけではありません。人の人生の1つの選択肢として、フリーランスを選んでいる人もいれば、サラリーマンを選んでいる人がいるわけです。
さらに伝えるのであれば、キャリアは「」で捉えるべきではありません。「」で捉えましょう。フリーランスを選んだからといって、一生フリーランスで生きていく必要はありません。
Twitterなどソーシャルな場だと「脱社畜」などのワードもあったりしますが、サラリーマンだってひとりの個人です。そこは履き違えてはいけないですよね。
これからの時代、個人の時代と言う人が多いと思っていますし、そう認識をしているはずです。なのにサラリーマンを個人として捉えない人はなぜなのでしょうか?
僕は、株式会社さえをもひとつの良いコミュニティとして、捉えるべきだと思っています。会社とは「自らの人生をより良くするための装置」です。併せてこの本を読んで見てください。

 

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 41,596

大学生が就活の際に登録してみるべきサイト

昨日の、配信では大学生の方々もよく見てくれたということなので、あわせて紹介します。就活2年OB訪問100人以上した僕がすすめる「7つの就活サイトと7冊の書籍」でも紹介しているのですが、改めて。

1,ビズリーチ・キャンパス
おすすめ度 ★★★★★
2,Goodfind
おすすめ★★★★

3,MeetsCompany
おすすめ度★★★★
4,ニクリーチ登録 

おすすめ度★★★

最後に

キャリアで悩んでいる人はいつでも相談ください。学生、社会人含めて相談に乗ります。TwitterのDMなどでいただけると一番対応しやすいかなと思いますので、よろしくお願いします。悩むということは、人生にしっかりと向き合っているということです。みんなできっちりと、議論しているのでこのブログを読んでくれた人は、鳥井さんの記事と映像を見てくださいね。よろしくお願いします。