不貞腐れた顔での接客は誰も幸せにしない。

どうも、たっけ(@takeee814)です。
今日まで1泊2日で高知に行っていました。また高知で過ごしたこと、感じたことは別に記事にしますのでそちらはお楽しみください。
本日は、とあるガソリンスタンドで働く人に感じた感情を書きます。

スポンサーリンク

なんで笑顔で接客できないのか?

接客業として働いている以上、接する人を不快にしないというのは最低限守るべきマナーだと思っています。
それは自分がバーで働いている時から意識しています。

対面で人と会ったり接したりするときに、誰かを不快にする瞬間だけは作ってはいけません。
ましてやお客さんなんて、当然です。

車で兵庫→高知間を往復したわけですからガソリンはほぼなくなっている状態でした。
ガソリンスタンドへ僕の車は入って行きました。
すると、目の前にガソリンスタンドで働いている男性が現れ出迎えます。
しかし、顔を見ると明らかに不貞腐れている。
「お客さんがきやがった」っていう態度なのが外見で完全に伝わります。
それは予想通りで、車のドアを開けて「レギュラー満タン」と伝えた後にドアをこれでもかというくらい強く閉める。
なんでそんな態度で接客するのか?僕には理解できません。腹が立って仕方がなかった。
そんな態度をして、誰が得のかするのかも理解できないのは辛い。
回り回って自分が完全に損をするのに。

人に好きになってもらうなら、まずあなたがその人を好きになれ

まずあなたの態度が悪かったら、確実に人に好きになってもらうことはありません。

少し話は変わりますが、これからより対面でのコミュニケーションは重要になってきます。
本当に大切な情報はインターネットの中では共有されないでしょう。
そんなときに、人に対して不快な態度を取り続けている人がうまくいくことはありません。
1つ1つの自分の言動にまで注意深くチェックすることはないですが、人を不快にするような態度や言動だけは絶対に慎んだ方がいいともいます。
特に初めて接する場合やお客さんの場合です。
相手を楽しませることで、自分もやりがいを見い出して、もっと頑張ろうといういいサイクルが生まれる。

なのに、ずっと人と接するときに不貞腐れた態度をとっている人は、相手も嫌な気持ちになる、マイナスに思われる、頑張る気が失せると負のサイクルが生まれ続けます。

最後に

あなたは人と接するときに、悪い態度が現れてませんか?そんな態度が出てしまうと感じたら、インターネットだけでコミュニケーションをすませるのも立派な解決策だと思います。
とにかくこの記事で伝えたいのは、人に接するときは楽しそうに接しようよということです。
不貞腐れた態度で接していても何もかっこよくないしメリット全くないですよ。
あなたを幸せから遠ざけます。

以下の本はこの記事に刺さった人はおすすめです。

サービスマンという病い
萩原 清澄
幻冬舎 (2016-07-07)
売り上げランキング: 261,077
スポンサーリンク