プロブロガーの僕が「今」北海道に行かなければ、と思った理由

どうも、たっけ(@takeee814)です。

全日本人が、今月の初旬に北海道で地震があったことを知っていると思います。東京に住んでいる自分ができることは、寄付だけだと思っていました。
でも、違った。そう思わされた理由とどんなことをしたいかについて書いていきます。

北海道に行くべきだと思った3つの理由

1熊本市長

熊本市長が、ほかの都道府県に行ってしっかりと発信。これは、なかなかできることではない。でも本当に共創の信念を強く持っている人だからこそ、できていることだと思う。このツイートにはしびれた。

2堀潤さん

堀潤さん。仕事に向き合う姿勢、生き様はずっと見ている。1人で写真をとって、動画を撮り、取材も運転も行う。「伝えたい」という想いが日本で一番強い人なんじゃないかと思っている。そのように尊敬している人が、北海道に出向いて、自分の目で見て現状を伝えているのだから、自分が行かなくてどうするんだという想いにかられる。

3Waseisalon

そして、僕が所属しているWaseisalon。
メンバーの中には、北海道出身の人が3人。そして、僕が東京に出てきて、仲良くなる人はみんな北海道出身の人。なんか不思議な縁を北海道と感じていた。だからこそ、「北海道のために何かしなくちゃ」という想いが自然とこみ上げてくる。

政府や民間企業も北海道を応援

これだけ政府や企業がど真剣に後押ししてくれていることってないと思う。稀に見る、現状。これは本当に全日本人が北海道に行くべきだ。

僕がブロガーとしてありたい姿

大前提として、人のための情報発信をしたいし、し続けたい。自分が発信した情報によって、誰かを勇気付けられることができたら、それほど嬉しいことはない。
ただ、情報の伝え方も物凄く意識していて、「自分の目で見たもの、感じたもの」を発信したいのだ。世に言うこたつ記事というものを否定するわけではないが、そんなものから人間の魂を感じることはできない。人に楽しんでもらうためには、「魂」がこもった記事じゃないとダメだ。自分が足を運んで感じたものを伝える。それがプロブロガー、ジャーナリストの生き方だと思う。自分で言うのもなんだけれど、僕は完全なジャーナリスト肌だ。少し危険を感じても、それが面白ければいいじゃんと楽しめるタイプだ。

今回の旅行では、全力で北海道を楽しみたい。行ったお店、風景をきっちりと写真に収めてみんなに届けたい。

プロのブロガーとして最高のものを仕上げようと思いますので、みなさん期待してくださいませ。よろしくお願いします。よろしければ、500円からですので支援していただけると嬉しいです。