余裕があるユーモアな大人になるために

日々、何かを継続することは得意だ。それは少しずつ自分でもわかってきている。負担が大きすぎない程度で頑張れるのだ。

継続できることは少し頑張れることくらいがちょうどいい。毎日歯を食いしばりながら頑張っているのであれば、それは長く続けることは難しいだろう。

少しだけ頑張れることがいつのまにか簡単に頑張れることに変わる。というか、毎日頑張らなくちゃ気持ち悪いものに変わっていくのだ。

でもね、それだけじゃ人間っぽさは保てない。

人間っぽさってあったかさが大事。あったかさは継続っていうプログラミングが得意なことじゃ満たされないんだ。それだけじゃあダメで、何か深いものが必要。

昨日、友達の非常に高尚な議論を聞いていて、それは痛感した。なんていうんだろう、自分の引き出しの少なさ。

でも、今は焦るな。ゆっくり進もう。いまは事実を勉強することをメインに。あったかい大人になるのは、1年後だ。あったかくてあったかくてたまらない大人になろうじゃないか。あたたかい大人っていうのは、余裕があるユーモアな大人だね。