英語こそ「習うより慣れろ」

習うより慣れろを英語で言えば、Practice makes perfect
今年、自分の成長として一つ上げられるのが「英語力」です。僕は、早稲田に受かるためだけに英語力を磨いていたので、日常生活ましてや仕事になんて使えるレベルではなかったです。しかし、それが仕事でも使えるレベルになったというのは1定の評価を自分でもしています。決して留学をしたわけでもなく、日本にいながらでもコツコツ頑張れば本当に喋ることができるようになります。

なぜ習うより慣れろなのか?

僕は「悔しいと思える回数をいかに増やすか?」が重要だと考えています。英語において悔しいことは、たくさんあります。実際に勢いで英語のディベートコンテストに参加したことがあるのですが、そこでとても悔しい思いをしました。その中でも、特に「言いたいフレーズが出てこない・発音が変だと思われたくない」が中心に上がります。
ただ、これを改善するためにはとにかく喋るしかないのです。どれだけ、ノウハウを勉強したとしてもTOEICの点数しか上がらないです。いかに英語で喋り続けるのかがめちゃくちゃ重要だと考えているのです。その上で、Flamingoを使えば安価に質の高い外国人と直接話せる機会を与えてもらえるので超絶オススメします。僕としては、仕事を通してガツガツ英語を使って、もっともっと上手くなっていきます。もう全てが、勉強の材料であることには間違いありません。僕は、英語を使いまくったからこそ、日本にいながらでも喋れるようになったのだと考えています。スタディサプリDMM英会話本当にどちらもお世話になりっぱなしです。

最後に

「英語、テクノロジー、金融」この3要素のどれも強みとして持っていたいので、どんどん頑張っていきます。まずは、英語喋ることができるようにみなさんがんばりましょう。
最後まで読んで下さってありがとうございます。例えば、英語を喋れるようになるためのコミュニティーなんて作ったら入りたい人はいらっしゃいますかね?