プログラミングを好きになる方法

ここ1ヶ月くらい、コードを書かない日がなくなった。

TechCampTechacademyなどで学んだことがあったが、なかなかそのあと勉強を続けることができなかった。プログラミングサービスに問題はなくて、ただ自分の継続力がなかっただけ。

それではなぜ、今は勉強が続いているかの理由についてちょっと考えて書こうと思う。

続けられる環境を作る

周りにエンジニアの友達が圧倒的に増えたこと。そして、自らがテクノロジードリブンなブロックチェーン業界に在籍していること。

周りにエンジニアが増えて、コミュニケーションもコードを通して行うことが増えた。だからこそ、自分でも読めなきゃいけなくなった。そしたら、自分でも作りたくなる。それは自然だ。作りたいものがあったら、すぐに作り始める。そして、作り始めてわからないところがあれば周りのエンジニアの友達に聞く。そうやってコードが少しずつ読めて、書けるようになった。

それが一つ良かったこと。

もう一つは、テクノロジードリブンな業界に存在すること。クリプトジャーナリストとして価値を高めるためには、確実にテクノロジーに精通しなければならない。そうなったらコードはかけたほうが絶対に良い。

最後に

どこまでコーディングを続けられるかは、わからないがとにかく楽しいので開発はどんどん進めていきたいと思います。人と喋るよりも、コードを書く、文章を書く、企画を考えるほうが圧倒的に楽しいと思ってしまう人間なのだからこればかりは仕方ない。

最後まで読んでくださってありがとうございます。