「魂」を込める

以前も「魂を込める」ことに関しては、記事を書いた。しかし、以前書いたときよりも魂を込めることに関する想像力が増した。

魂を込めるために必要なのは「時間をかけること、真剣に考えること、丁寧にやりきること、自らが納得したものを生み出すこと」この4つを同時に行って、初めて「魂を込める」になるはずだ。

文章でこの4つを書くのはとても簡単。でも、これを実践するのはめちゃくちゃ難易度高いだろう。しんどいからこそ、意味がある。でも疲れる。最近、やっと「」の意味がわかって嬉しい。わかったから、これかれは人生に活かさなくちゃこれからじゃない、今からだ。

最後まで読んでくれてありがとうございます。スパッと文章を書いた。