独学でファイナンシャルプランナー資格獲得を目指すなら「通勤講座(STUDYing)」がおすすめ

「多くの人が資格は塾や専門学校に通わなければ取得できないのではないか?」と考えられているかもしれないが、それは大きな間違いだ。一番の答えは、資格合格日にちを逆算して、毎日コツコツと勉強することが重要だ。毎日コツコツ勉強することを簡単にしてくれるのがオンライン学習である。
TOEICの点数を上げるための、英語オンライン学習は、「スタディサプリ」が図抜けて良いと思っている。では、金融系の資格「FP(ファイナンシャルプランナー)、簿記、税理士」などはどの学習サイトが良いか?と言うと「スタディング 」だと答える。
僕はFP3級をまず取得したわけなのだけれども、なぜ取得したのか?と言うことをまず初めに伝えて、スタディング(STUDYing)というオンライン学習サービスについて書いていく。

FP(ファイナンシャルプランナー)資格を取ろうと思った理由

一言で言うと、3級はお金の勉強を始めるのに最適な難易度だと感じたからです。僕は、暗号通貨やブロックチェーン領域の編集者。正直、技術的な部分の理解や概念の理解しかできていなかった。既存の金融知識がほとんどなかったため、それを網羅的に学べるものは何かと考えると、ファイナンシャルプランナーだったのだ。FP3級で学べる学習範囲は以下。

A ライフプランニングと資金計画
1. ファイナンシャル・プランニングと倫理 2. ファイナンシャル・プランニングと関連法規 3. ライフプランニングの考え方・手法 4. 社会保険 5. 公的年金 6. 企業年金・個人年金等 7. 年金と税金 8. ライフプラン策定上の資金計画 9. ローンとカード 10. ライフプランニングと資金計画の最新の動向

B リスク管理
1. リスクマネジメント 2. 保険制度全般 3. 生命保険 4. 損害保険 5. 第三分野の保険 6. リスク管理と保険 7. リスク管理の最新の動向

C 金融資産運用
1. マーケット環境の理解 2. 預貯金・金融類似商品等 3. 投資信託 4. 債券投資 5. 株式投資 6. 外貨建商品 7. 保険商品 8. 金融派生商品 9. ポートフォリオ運用 10. 金融商品と税金 11. セーフティネット 12. 関連法規 13. 金融資産運用の最新の動向

D タックスプランニング

1. わが国の税制 2. 所得税の仕組み 3. 各種所得の内容 4. 損益通算 5. 所得控除 6. 税額控除 7. 所得税の申告と納付 8. 個人住民税 9. 個人事業税 10. タックスプランニングの最新の動向

E 不動産
1. 不動産の見方 2. 不動産の取引 3. 不動産に関する法令上の規制 4. 不動産の取得・保有に係る税金 5. 不動産の譲渡に係る税金 6. 不動産の賃貸 7. 不動産の有効活用 8. 不動産の証券化 9. 不動産の最新の動向

F 相続・事業承継
1. 贈与と法律 2. 贈与と税金 3. 相続と法律 4. 相続と税金 5. 相続財産の評価(不動産以外) 6. 相続財産の評価(不動産) 7. 不動産の相続対策 8. 相続と保険の活用 9. 相続・事業承継の最新の動向

一つの金融領域を深めることはできないけれど広く様々な領域を学べるので、金融領域を勉強し始める人にとっては非常に最適な資格だと思います。

スタディング(STUDYing)で取得できる資格一覧

【法律系資格】
・司法試験
・司法書士
・行政書士
・ビジネス実務法務検定試験
・ビジネス著作権検定
・弁理士
・知的財産管理技能検定®
・個人情報保護士
【会計系資格】
・税理士
・簿記
・ファイナンシャルプランナー(FP)
・外務員(証券外務員)
【ビジネス・実務系資格】
・中小企業診断士
・技術士
・販売士
・危険物取扱者
【不動産向け資格】
・宅建士
・マンション管理士/管理業務主任者
・賃貸不動産経営管理士
【ビジネススキル系講座】
・コンサルタント養成講座
・データサイエンティスト基礎講座
【IT系講座】
・ITパスポート

ファイナンシャルプランナー(FP)資格の獲得までの合計勉強時間・勉強法

取得にかかった時間

合計勉強時間は100時間。1日2時間を30日繰り返しました。もちろん直前は1日7時間など時間をかけたので、合わせると100時間ほどだという見込みです。
金融業界の知識に関しては、全く皆無の状態からの出発だったので、知らないことだらけでした。だから、言葉の意味を覚えていくのに初めは苦労しました。

勉強方法

通勤中の電車の中では必ずSTUDYingでカリキュラムを進めるようにしていました。「オンライン動画で解説・問題演習」の繰り返しなので、非常に効率よく学習することができると思います。
勉強方法として必ず大切にしてほしいことが「問題を解く」ことです。解説や教科書ばかり読んでいても覚えられません。人は問題を解いて、考えて、間違えたりして初めて理解が深まっていくと思います。だから、座学で暗記するばかりではなくちゃんと問題を解いて覚えていくようにしましょう。
FPの試験に関しては、過去3年間分の過去問はしっかりと解いておいてください。そうしたら、どんな問題が出るかちゃんと理解できると思います。

FP講座の受講料比較

予備校講座受講料
スタディングFP3級・2級セットコース32980
ECCビジネススクールFP通信講座59800
スタディングFP3級合格コース3980
LEC3級FPスピード合格講座・通信12960

3級と2級をどちらも取得しようと考えている人は、スタディングの3級と2級セットコースがお得。ですが、まずは1つずつ着実に狙ったほうが良いと思います。僕は、3級を取得することだけを考えていたのでFP3級合格コースで頑張りました。何か質問などありましたら、是非ともツイッターで連絡いただければと思います。