心の中に自らの「哲学」を持つ重要性

哲学とは、心に安心を与えるものだ。そう、僕は思っている。この前、取材をしてい時「哲学は安心を与えてくれるもの」であると同時に「未来をより良く生きるために必要なもの」であることを確信。
例えば自らの哲学は「継続するものは報われる」

哲学の効用

生きることは、選択の繰り返しだ。究極的なことを言うなら、生きることすら選択しているのかもしれない。「今日はどこでご飯を食べよう」「今日はどんな仕事をしよう」「今日はどんな服を着よう」それら全て自ら選択していまを生きている。

もしあなたが日々仕事で悩んでいるなら、自分が正しいと思うことは何か?振り返る際に哲学が使える。
自分の場合、「この仕事意味あるのかな?」と感じることがあれば「継続は嘘を付かない」と盲信しているのである。それが少し落ち込みそうになった自分を励ましてくれる薬となる。

最後に

この文章を理解してもらえたか、不安。やっぱ、文章は難しい。言いたいことが伝えられたのか、不安になる。不安になるってことは、自分の文章にはまだ伸び代があるってことだ。抽象的な話になったけど、理解してもらう必要もない。ちょっとでも考えてもらえたらいい。自分が大事にしている「思想」ってなんだっけ?って。