あなたにとって「友達」ってどんな存在なの?

「ともだち」とは、あなたにとってどんな存在だろうか?僕にとっては、気を遣わず安心できる存在だ。自分が悩んでいる時、疲れた時にその人と会いたいと思たらそれは友達だ。しかし、最近は友達がいない人が増えてきた気がしてしょうがない。飲みたい、話したい、LINEしたい、電話したい、そんなことを思ったらすぐ連絡してコミュニケーション取れるのが友達だ。しかし、友達が少ない人が多い。それは、問題だ。

何が問題か?

自分がしんどい時、相談したい時に相談できない人がいると精神的に参ってしまう。どうしてもカッコつけすぎてしまう人が多いのが今の時代だ。Twitterで自分を大きく見せる人、Twitterで病むツイートを拒む人。そういう人がたくさん存在している。それが、もう一人の自分を生み出してしまう理由にも繫る。人間ずっと気を張っていたら、いつか爆発してしまう。精神的に一度、爆発するとなかなか通常の状態に戻ることは難しいだろう。それは、認知行動療法の研究をしていたから少しばかり理解している。
さらに、「雑談を設計する」というフレーズまでできている。ビジネス的にコミュニティを形成する上ではとても重要だ。しかし、真の友達に対して「何か喋らなきゃ」と思うことがあるだろうか?それはない。だから一つだけ、アドバイスしたいと思う。
「もっと自分の気持ちを正直に伝えてみてほしい」それがたとえ負の感情だったとしても、人は正直さに弱いから受け止めてくれる。それを受け止めてくれない人はあなたの側には必要ない人かもしれない。

最後に

正直は素晴らしい。だから、自分が友達だと思っている人に正直に自分の感情を伝えてみてほしい。そしたら、あなたに「ともだち」ができるのだと思う。固くならずにもっと楽しく「ともだち」を作ろう。ちなみに今年、僕はたくさん友達ができた。いい一年だ本当に。最後まで読んでくださってありがとうございます。